よみタイ

佐藤誠二朗「グリズリー世代のバック・トゥ・ザ・ストリート」
グリズリー……それは北アメリカ北部に生息する大きな灰色のヒグマの名であると同時に、白髪交じりの頭を形容するスラング。頭にちらほら白いものが目立ち始める40~50代を、アラフォー、アラフィフといってしまえば簡単だけど、いくつになってもオシャレと音楽が大好きで遊び心を忘れない彼らを「グリズリー世代」と名付けよう――
そんな思いを胸に、自身もグリズリー世代真っ只中の著者がおくる、大人の男のためのファッション&カルチャーコラム。

在宅ワークにおすすめのデュアルモニター。一番簡単なはじめ方はコレだ!

コロナがはじまるずっと前から自宅で仕事をする、天然在宅ワーカーのワタクシ。
以前、本コラムで、そんな僕のワークスペースを軽く紹介したことがある。

モバイル性を考えて12インチという小型のMacBookをメイン機としている僕は、自宅で作業する際、サードパーティのモニターにつなぎ、ブルートゥースのキーボードとトラックパッドで操作していた。
閉じたMacBookからラインアウトし、作業はもっぱら外部モニターの画面上で進める。
モニターは必要十分の大きさがあるのでほぼ満足していたのだが、複数の資料を同時に立ち上げて作業する際には、不便を感じることがある。
そういうときはMacBookも開き、デュアルモニター体勢で作業をしていた。

ただし、それはあくまで臨時的な措置。
だって狭い机の上に大きなモニターを置いているから、その上でMacBookまで広げると窮屈でしょうがないのだ。
でもデュアルモニターでの作業を一度経験すると、なかなか忘れられない。
作業効率が約1.5倍に上がるとの調査結果もあるのだそうだ。

手っ取り早くデュアルモニター空間をつくるダブルアームのモニタースタンド

だったら机の上を整理して、もうひとつ外部モニターを置こうかとも思ったのだが、デイトレーダーでもゲーマーでもあるまいし、それにダブルタスクで仕事をバリバリこなしているわけでもないので、ちょっと大袈裟な気がした。
あくまでひとつは外付けモニター、もうひとつはMacBookの画面を使ったデュアルで、しかも机の上を広く有効に使う方法はないだろうかと考えていたら、アマゾンでいいものを見つけた。

ダブルアームのモニタースタンドだ。
アームの一方にはモニターを設置し、もう一方にはパソコンを開いた状態で置けるようになっている。
モニターもMacBookも、支柱から延びるアームの先に設置するので中空に浮いたような状態になる。だから、机上には以前よりも空きスペースができるはずだ。

さっそく購入し、写真のようにワークスペースを改善させた。
モニターもMacBookも、角度・高さなど自由に調整可能。好みの位置に設置することができる。
実際に使ってみると、これがホントに快適だった。
作業効率は確実に上がったと思う。
早くこうすればよかった。

在宅ワークの頻度が増している皆さんにも、是非おすすめしたい。
在宅のいいところは、会社と違って自分好みの仕事空間を自由に構築できること。
そして、もとからあるノートパソコンのモニターにプラスワンするだけのデュアルモニターは、省スペースで格段に能率アップできる手っ取り早い方法だと思う。

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

佐藤誠二朗

さとう・せいじろう●児童書出版社を経て宝島社へ入社。雑誌「宝島」「smart」の編集に携わる。2000~2009年は「smart」編集長。2010年に独立し、フリーの編集者、ライターとしてファッション、カルチャーから健康、家庭医学に至るまで幅広いジャンルで編集・執筆活動を行う。初の書き下ろし著書『ストリート・トラッド~メンズファッションは温故知新』はメンズストリートスタイルへのこだわりと愛が溢れる力作で、業界を問わず話題を呼び、ロングセラーに。他『糖質制限の真実』『ビジネス着こなしの教科書』『ベストドレッサー・スタイルブック』『STUSSY2017 FALL/HOLIDAY COLLECTION』『DROPtokyo 2007-2017』『ボンちゃんがいく☆』など、編集・著作物多数。

週間ランキング 今読まれているホットな記事