よみタイ

佐藤誠二朗「グリズリー世代のバック・トゥ・ザ・ストリート」
グリズリー……それは北アメリカ北部に生息する大きな灰色のヒグマの名であると同時に、白髪交じりの頭を形容するスラング。頭にちらほら白いものが目立ち始める40~50代を、アラフォー、アラフィフといってしまえば簡単だけど、いくつになってもオシャレと音楽が大好きで遊び心を忘れない彼らを「グリズリー世代」と名付けよう――
そんな思いを胸に、自身もグリズリー世代真っ只中の著者がおくる、大人の男のためのファッション&カルチャーコラム。

圧倒的コスパのアルペンオリジナルブランド、IGNIOのスニーカー

僕はキャンバス地の白いデッキシューズ(モカシンタイプではなくスニーカータイプ)を、ロックアイテムのひとつと認識している。
そのココロは……。
ラモーンズの面々が好んで履いていたからだ。

ラモーンズといえば、黒い革ジャンにタイトなダメージジーンズ、それに薄汚れたクラシックスニーカーという出で立ちがお決まり。
スニーカーはコンバースというイメージもあるようだが、これはある時期に同社がラモーンズをイメージキャラとして起用していたからで、実際の彼らは汚れた白いデッキシューズを好んで履いている。

そのタイプのデッキシューズはVANSのものが有名だが、ラモーンズが履いているのはどうやらVANSでもなく、名もなきメーカーのもの。
ファッションの世界では十把一絡げに「ノンブランド」と括られるような安物を履いていたというのが通説だ。
でも考えてみれば「ノンブランド」ってひどい言い方だよね。
一人で政党をつくって選挙に立候補する人が、“無所属・諸派”と括られるようなもんだ。

めちゃくちゃ安いのに、見た目も履き心地も優秀だからリピート確実

なーんて、需要があるのかどうかわからない話をしているのは、それこそ「ノンブランドもの」と括られそうなのだが、とっても素晴らしくて、皆さんに大プッシュしたいキャンバスデッキシューズを発見したからだ。

ブランド名はIGNIO。ね、知らないでしょ?
これは、アルペングループのオリジナルブランド。
非常にお手頃な価格で、たいへん優れたアイテムを数多くリリースしている。

シンプル至極のお手本のようなアッパーと、ぼってりと分厚いソールを持つこのデッキシューズ。見た目も履き心地もかなり素晴らしい。
特にソールは、クロックスなどの素材として有名な、軽量で丈夫なEVAを使用しているようで、軽くて柔軟性がありフカフカの感触。

もっとも特筆すべきは値段かもしれない。
なんたって、僕の見初めたこのシューズは1990円(税別)でしたから。
世の中、探せば好コスパの商品があるもんですな。
IGNIOのスニーカーはほかにも様々なタイプがあり、いずれも約2000〜3000円の超お手頃価格。
リピート確実な、オススメ物件だと思うのだ。

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

佐藤誠二朗

さとう・せいじろう●児童書出版社を経て宝島社へ入社。雑誌「宝島」「smart」の編集に携わる。2000~2009年は「smart」編集長。2010年に独立し、フリーの編集者、ライターとしてファッション、カルチャーから健康、家庭医学に至るまで幅広いジャンルで編集・執筆活動を行う。初の書き下ろし著書『ストリート・トラッド~メンズファッションは温故知新』はメンズストリートスタイルへのこだわりと愛が溢れる力作で、業界を問わず話題を呼び、ロングセラーに。他『糖質制限の真実』『ビジネス着こなしの教科書』『ベストドレッサー・スタイルブック』『STUSSY2017 FALL/HOLIDAY COLLECTION』『DROPtokyo 2007-2017』『ボンちゃんがいく☆』など、編集・著作物多数。

週間ランキング 今読まれているホットな記事