よみタイ

佐藤誠二朗「グリズリー世代のバック・トゥ・ザ・ストリート」
グリズリー……それは北アメリカ北部に生息する大きな灰色のヒグマの名であると同時に、白髪交じりの頭を形容するスラング。頭にちらほら白いものが目立ち始める40~50代を、アラフォー、アラフィフといってしまえば簡単だけど、いくつになってもオシャレと音楽が大好きで遊び心を忘れない彼らを「グリズリー世代」と名付けよう――
そんな思いを胸に、自身もグリズリー世代真っ只中の著者がおくる、大人の男のためのファッション&カルチャーコラム。

エコバッグならぬ、ニトリ製のエコな“マイバスケット”がおすすめ

スーパー・コンビニを含む全小売店でのレジ袋有料化が、今年7月からはじまる。
それに伴い、エコバッグへの注目度が高まっているのはご承知のとおり。
僕自身は以前から、どうにもならないとき以外は極力、レジ袋を断るようにしている。
それほど意識が高い人間ではないが、少なくとも社会の害虫的存在にはなりたくはないから、小規模な努力はしているのだ。

これからは大人の男ももれなくエコバッグを持っていた方が、おしゃれでモテると思います。
これ、ホント。

本コラムでは前に、コンビニでの“ちょこっと買い物”に対応するポケッタブルエコバッグを紹介した。
今回は、スーパーなどで“がっつり買い物”をする際に使っているブツを紹介したい。

スーパーのレジかごとそっくりな、ニトリ製のバスケットだ。
いまのところ、スーパーでの買い物にはこれが一番便利だと思っている。

買い物以外にも、アウトドア用品入れや防災グッズとしても使える優れもの

使い方は説明するまでもないかもしれないが、スーパーでの買い物に慣れていない男性も多いと思うので一応。

店頭では、マイバスケットに直接商品を入れてはいけない。レジで精算するときに面倒なことになるから。
スーパーに入ったら、カートにマイバスケットを置き、その上にスーパー備えつけのレジかごを重ねましょう。
レジでは、レジかごからマイバスケットに品物を移してもらう。
お金を払ったらそのままGo home。ね、便利でしょ。

僕が持っているグリーンのほか、赤、黄色、ネイビーと4色展開、お値段は税込599円のニトリ製バスケット。
「GO CAMPING」という文字と、山&太陽のイラストから分かる通り、本来はキャンプなどのアウトドアでの使用を想定しているようだ。
我が家では車のトランクに常備していて、買い物だけではなくアウトドア用品入れとしても活用している。

蛇足かもしれないけど、こうしたバスケットの利点を、もうひとつだけご紹介します。
重い荷物を入れることを想定して設計されているので非常に頑丈。ヘルメット代わりの防災グッズにもなるのだ。
グラグラっときた瞬間、バスケットをすっぽりかぶれば落下物などから頭を守ることができる。
だから身近にマイバスケットを。
以上、蛇足でした。

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

佐藤誠二朗

さとう・せいじろう●児童書出版社を経て宝島社へ入社。雑誌「宝島」「smart」の編集に携わる。2000~2009年は「smart」編集長。2010年に独立し、フリーの編集者、ライターとしてファッション、カルチャーから健康、家庭医学に至るまで幅広いジャンルで編集・執筆活動を行う。初の書き下ろし著書『ストリート・トラッド~メンズファッションは温故知新』はメンズストリートスタイルへのこだわりと愛が溢れる力作で、業界を問わず話題を呼び、ロングセラーに。他『糖質制限の真実』『ビジネス着こなしの教科書』『ベストドレッサー・スタイルブック』『STUSSY2017 FALL/HOLIDAY COLLECTION』『DROPtokyo 2007-2017』『ボンちゃんがいく☆』など、編集・著作物多数。

週間ランキング 今読まれているホットな記事