よみタイ

高橋綾子「綾子のギョーカイ総受けグルメ手帖」

グルメ人が「また来ます!」と必ず言い残す大注目のビストロ! 食いしん坊が「本当に通いたい店」〜アンファス

「シャルキュトリーの盛り合わせ」(2,900円)
「シャルキュトリーの盛り合わせ」(2,900円)

お次は「豚肉のリエット」「鶏レバームース」「パテドカンパーニュ」「ブータンノワール」「キャロットラペ」が、どどど~んと一堂に集まった「シャルキュトリーの盛り合わせ」です。

これだけでお腹いっぱいになりそうなボリュームでしょ?

肉感がある、練らない「パテドカンパーニュ」とか、どれも味わったことがなく、困るくらいの超絶品ですが、さらに困るのがおいしすぎるパンの存在。

料理のボリュームを知っている人は絶対にセーブする“食べ過ぎ注意!”のパン
料理のボリュームを知っている人は絶対にセーブする“食べ過ぎ注意!”のパン

そのパンとは「エクラデジュール」の「カンパーニュ」と「アン ヴデット」の「バゲット」。

両店のパティシエさんたちは亀山さんのパリ修業時代からの友人で、アンファスのために特別に焼いてくれているそうです。
亀山さんのお料理をずっと食べてきたからでしょうね、本当にピッタリで手が止まらなくなります。

でも、ここで調子こいて食べると本当にメインまでたどり着けないので我慢ガマン。

水タコ、キュウリ、トマト、ナス、イタリアンパセリ、クスクスが盛りだくさんの「水タコとクスクスのサラダ」(2,400円)
水タコ、キュウリ、トマト、ナス、イタリアンパセリ、クスクスが盛りだくさんの「水タコとクスクスのサラダ」(2,400円)

お料理はどれも腹ペコさんを大満足させてくれるサービス満点のボリュームです。

写真だとわかりづらいかもしれませんが、このクスクスのサラダは直径24cmの大皿にてんこ盛り状態です。
生ハム、シャルキュトリー盛り合わせを完食したら、この段階で大抵の人は腹パンになっているはずです。

寸胴鍋にいっぱいの「モン・サン・ミッシェル産ムール貝の白ワイン蒸し」(3,000円)
寸胴鍋にいっぱいの「モン・サン・ミッシェル産ムール貝の白ワイン蒸し」(3,000円)

このサイズ感、日本ではなかなかお目にかかれませんが、それはこのお店のコンセプトである亀山さんが行きたいお店、つまりパリで修業していたビストロをイメージしているからです。

「量が多いのは食べて欲しいっていう想いがあふれちゃうからでしょうか(笑)。ビストロ料理の良さってシンプルで何を食べているかわかる、頭で考えるのではなく食べて素直においしいと感じられるところなんです。その方が雰囲気も会話も楽しめるんです」と亀山さん。

そう、アンファスって本当にそんな感じ。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

高橋綾子

たかはし・あやこ●フードパブリシスト。国内外ファッションブランドのプレス時代から培った〝食″へのこだわりは、舌の肥えた業界人も頼りにするレベルの高さ。年間1000を超えるという外食の日々が築き上げたおいしいもの好きが嵩じて、ついに2018年2月に東京・下北沢にてレストラン「üchï(うち)」をオープン。おいしいものしか喉を通らない不思議体質。
Facebook→https://www.facebook.com/ayako.takahashi.1671

uchi→http://uchi.tokyo/

週間ランキング 今読まれているホットな記事