よみタイ

爪を隠さず見せびらかす鷹男~それならスピッツ聞いていた方がマシな話
8月5日に、鈴木涼美さんの新刊『非・絶滅男女図鑑 男はホントに話を聞かないし、女も頑固に地図を読まない』が発売されました。
「よみタイ」でも大好評だった連載コラム、「○○○な女 オンナはそれを我慢している」「×××な男 酒と泪とオトコと美学」から厳選された30人の男女の話が1冊に!
令和を生き抜く現代男女の生態を、いまや各メディアで引っ張りだこの涼美さんが独(毒?)自の視点で分析します。

この刊行を記念し、連載コラムの中から著者みずからが「特に思い入れが深い!」と厳選した各篇を、その理由と画像(涼美さん自撮り!)とともに特別掲載。
毎週1篇ずつ、全6回の特別企画です!

最終回となる今回は、スペースの都合で残念ながら書籍未掲載となったエピソードを一部再編集して、涼美さんのコメントとともにお届けします。

爪を隠さず見せびらかす鷹男~それならスピッツ聞いていた方がマシな話

@鈴木涼美
爪を隠すどころか、スカルプばりに目立つ爪で過ごす男、女からするとそのお爪が大変鼻につきます。

業界用語というほどでもないが新聞記者は結構“ネグる”という言葉を濫用する人が多くて、10年以上前にただの新入社員だった私は、先輩からのメール画面にある「それはネグリで」という言葉がいまいちなんのことかわからず、というのもその前の年、東大に講演に来るはずだったアントニオ・ネグリという学者が政治犯として捕まった過去のせいでビザの申請が間に合わずにドタキャンしたという事件があって、別に私はそのネグリにも特に造詣が深くはないのだけど、とにかくよくわからない哲学者とよくわからないマスコミ用語の間でロストイントランスレーション状態になって「んん?」と唸った。

で、隣でドラクエの新作やりながら見ていた彼氏が、「それはマルチチュードのネグリじゃなくてneglectの意味だね」と言った、というのが私がその彼に対して持つ唯一のポジティブな思い出でもあり、男の知識はこの程度のチラ見せがちょうどいいしこれ以上見せたらキモいというある種のメルクマールになっている場面でもある。

ちなみに何故一年半は付き合った彼に関するいい思い出がこんなしょうもない一場面しかないのかというと、その約半年後に別れ話が縺れたら、この東大卒の男が私の出演するAVを実家、父親の研究室、母親が講師をしていた女子大にご丁寧に郵送してくれたり、甲州街道をストロングゼロを両手に怒鳴り散らしながら追いかけて来たり、私の所属記者クラブがあった都庁の前まで包丁持参でやってきたりしたからなのだけど、その話は非常に長くなるし、私だって毎回毎回自分の男選びの不味さを露呈したくもなければ人に爆笑されたくもないのでとりあえず置いておいて、とにかくネグリの件はここでは好例として紹介しておく。

さて、ネグリと聞いてネグレクトよりアントニオを想起するのは文系の大学院に入院中の、それもだいぶカルテが長くなっちゃったタイプの男くらいだと思うのだけど、そういった男も雑に分けると大体2類型いる。

大学院に、東大グラデュエートと書いておけばとりあえずAVとかの過去が帳消しになるんじゃないだろうかという打算で入ってくる私みたいなタイプはどちらかというと少ないようで、建物には全体的に、「かつての同輩が派手な業界に入ってバリバリお金を稼いでいたり、医者となって人の命を救ったりしているというのに、今日も図書館で重箱の隅をつくようなことを調べている俺に生きている意味はあるのだろうか」という卑屈さと、「でも何も考えずに恥ずかしげもなく頭がパーになりそうなバラエティをつくったり、CAと合コンしながらブラジルのマグロの金勘定をしていたりするような世の中の多くの馬鹿よりも俺の方が絶対高尚な人間」という傲慢さとが充満している。

で、2類型というのは要するに、前者の卑屈さが強いか、後者の傲慢さが強いか、で分かれるわけで、要するに心の奥底にスノッブな選民意識を持ちつつ大まかに卑屈で暗めか、大きなコンプレックスと卑屈さを胃の裏に隠しつつ偉そうに威張ってるか、のどっちかが多い。

男の知識はチラ見せくらいでお腹いっぱい
男の知識はチラ見せくらいでお腹いっぱい

地獄みたいな二択だけど、みんなが華やかな世界で華やかな生活してる間に大宅壮一文庫の片隅で時代の大分水嶺にもならないようなささやかな発見に喜ぶダメな俺、でもそんな自分が好き、とかなりながら家では意外とスピッツとか聞いている前者の方が、膨大なルサンチマンを知識と理論武装で隠そうとする後者よりは幾分マシである。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

鈴木涼美

すずき・すずみ●1983年東京都生まれ。作家、社会学者。慶應義塾大学環境情報学部を卒業後、東京大学大学院学際情報学府の修士課程修了。大学在学中にキャバクラ嬢として働くなど多彩な経験ののち、卒業後は2009年から日本経済新聞社に勤め、記者となるが、2014年に自主退職。女性、恋愛、世相に関するエッセイやコラムを多数執筆。
近著に『女がそんなことで喜ぶと思うなよ 愚男愚女愛憎世間今昔絵巻』など
公式Twitter @Suzumixxx

週間ランキング 今読まれているホットな記事