よみタイ

高橋綾子「綾子のギョーカイ総受けグルメ手帖」

記憶にくっきり残るおいしさ! イタリア大好きシェフの料理はリピートせずにはいられない〜マンサルヴァ

見た目は大したことない(失礼)「鳴門の真蛸 カチュッコのリゾット」ですが……
見た目は大したことない(失礼)「鳴門の真蛸 カチュッコのリゾット」ですが……

高橋さんは「僕の料理は決して郷土料理じゃないです。7年間イタリアにいましたが、その土地の料理のままではないので。でもイタリア料理店ですと胸を張って言えるのはパスタがあるからです」と話します。

バターもソースもないフランス料理とか、日本の食材だけを使うイタリア料理とか、もはや料理に境界線はなくなりつつあります。
だからこそイタリア料理の象徴であるパスタはイタリア人も絶賛するレベルでなければと力を注いでいるそうです。

食べるととんでもなくおいしかった!!!
食べるととんでもなくおいしかった!!!

ひとつめのプリモピアットは「鳴門の真蛸 カチュッコのリゾット」。
正直、見た目はさしてアガらなかったけれど、ひと口いただいた瞬間、そのおいしさにぶっ倒れそうでした。

あぁ、これがイタリア料理だよね〜。
見た目は飾りっ気ゼロ、でもひたすらおいしいってやつですが、さらに高橋さんのアイデアとセンスがプラスされて、とてつもなくおいしくなっています。

その秘密はトスカーナの郷土料理「カチュッコ」。
大量の魚介を丸ごと赤ワインで煮詰めて煮詰めてうまみをギューっと凝縮させたトマト味のスープ(もはやスープではなくソース)で、これだけでも相当おいしいのにそれをリゾットのだしにしてしまったわけです。

濃厚魚介だしの中に茹でたタコのうまみが加わった最強だし!
これはもうタコのリゾットの革命です!

オプションの「ポルチーニのバヴェッテ」
オプションの「ポルチーニのバヴェッテ」

ふたつめのプリモピアットは「ポルチーニのバヴェッテ」。

「今年は珍しくこの時期のポルチーニがおいしいです」と言われたので、本来は「焦がしナポリトマトのアリオーネのピチ」だったので迷ったけどオプションで提案されたこちらにしました。

アーリオオーリオベースにポルチーニを炒め、マッシュルームペーストを加えてコクを出しています。

高橋さんらしさはパスタで表現。
ポルチーニにはタリアテッレ、フィットチーネなど卵麺を使うのがポピュラーですが、あえて小麦粉だけの白いパスタ、しかもバヴェッテというリングイネの原型になったモチっとした食感でソースが絡みやすい手打ちパスタを使っています。
白いパスタだからポルチーニの香りも味わいもダイレクトに伝わります。

高橋さん命名「きのこうどん」はきっとイタリア人も感服するはず!

1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

高橋綾子

たかはし・あやこ●フードパブリシスト。国内外ファッションブランドのプレス時代から培った〝食″へのこだわりは、舌の肥えた業界人も頼りにするレベルの高さ。年間1000を超えるという外食の日々が築き上げたおいしいもの好きが嵩じて、ついに2018年2月に東京・下北沢にてレストラン「üchï(うち)」をオープン。おいしいものしか喉を通らない不思議体質。
Facebook→https://www.facebook.com/ayako.takahashi.1671

uchi→http://uchi.tokyo/

週間ランキング 今読まれているホットな記事