よみタイ

高橋綾子「綾子のギョーカイ総受けグルメ手帖」

湯気が立ち昇る蒸籠は“おいしい”が詰まった玉手箱!〜スチーム Dim Sum & Wine〜

「イトヨリの葱豆豉とフィッシュソイソース(1,380円)」
「イトヨリの葱豆豉とフィッシュソイソース(1,380円)」

点心は餃子や焼売だけじゃありません。
小皿蒸し料理も魅力的なラインナップ。蓋を開けると蒸気とナンプラーの香りがふわっと鼻をくすぐり、おいしそうなお魚がお目見えします。
2分蒸しのイトヨリはふんわりとした仕上がり。

これはまさしく香港で食べた味だ〜!

「豚のしっぽのコラーゲンたっぷり黒酢醤油煮込み(1,150円)」
「豚のしっぽのコラーゲンたっぷり黒酢醤油煮込み(1,150円)」

しっぽと聞いて一瞬怯んだのですが、勇気を出してオーダーして正解!
何といってもお酢の加減が素晴らしいので、こってりしているかと思いきや、わりとあっさりといただけます。
しっぽはトロトロ、唇がくっついちゃうくらいコラーゲンの塊。
これで明日のお肌はプルプルです♪

「濃厚ゴマの坦々麺(1,550円)」
「濃厚ゴマの坦々麺(1,550円)」

ここの〆ごはんはどれもおいしいので本当に悩みます。
今回はスタッフの方が推しまくった担々麺に。

これは濃厚が苦手な方はご遠慮くださいといいたいほどのゴマ量です。
麺にゴマペーストがのっかるのでは、と思うくらい濃い!

「ゴマはこのくらい入っていないと。薄いの嫌じゃないですか? ゴマは濃い方がいいですよね」と平岡さん。ところがモッタリするわけじゃないのです。
どうやら隠し味にほんの少し黒酢を入れているらしいですよ。本当かどうかは食べればわかります。

平岡志保子さん(右)と鈴木高輔さん(左)は10年一緒に厨房にいるだけあって息もぴったり
平岡志保子さん(右)と鈴木高輔さん(左)は10年一緒に厨房にいるだけあって息もぴったり

中国料理って味が濃くてガッツリ食べるイメージが強いですが、ここの料理はカラダが喜ぶのです。
「料理の鉄人」を観て鍋を振る姿がかっこいいなと中国料理人を目指した平岡さん。いざ入ってみたら油と熱にまみれるハードな世界。でも楽しくて仕方ないそうです。

鈴木さんが最初に勤めたのは「点心だったらここ」と言われるお店。
そこで点心師に基礎から叩き込まれ、そのまま点心の魅力にとりつかれ数少ない点心師となりました。

点心は皮が命。
皮がうまく作れないと具をキレイに包めないし、食感もまったく変わってしまうそうです。

湯気がお肌に良さそうかと思ったら熱でむしろ乾燥するそう
湯気がお肌に良さそうかと思ったら熱でむしろ乾燥するそう

そんなふたりのシェフが腕を振るうのは熱と香りが湯気とともに立ち込めるこの厨房。

「10年も一緒なら、もう阿吽の呼吸で仲良く仕事できますよね」と訊くと、「ん……、まあ……まあ」と答える言葉も間合いもピッタリ。
息のあったコンビが作り出すのはおいしく、創造性にあふれる忘れがたい料理たち。
それにひとりから大人数までどんなニーズにも応えてくれ、いつでも気軽に寄れるのもありがたい。

ずっとずっと大切にしたいお店です。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

高橋綾子

たかはし・あやこ●フードパブリシスト。国内外ファッションブランドのプレス時代から培った〝食″へのこだわりは、舌の肥えた業界人も頼りにするレベルの高さ。年間1000を超えるという外食の日々が築き上げたおいしいもの好きが嵩じて、ついに2018年2月に東京・下北沢にてレストラン「üchï(うち)」をオープン。おいしいものしか喉を通らない不思議体質。
Facebook→https://www.facebook.com/ayako.takahashi.1671

uchi→http://uchi.tokyo/

週間ランキング 今読まれているホットな記事