よみタイ

高橋綾子「綾子のギョーカイ総受けグルメ手帖」
「綾子さんに聞けば間違いない!」――美味なレストランも気の利いた手土産もとびきりのお取り寄せも、おいしいものには死ぬほどうるさいギョーカイのみんなが頼りにするのが、フードパブリシスト高橋綾子のグルメ手帖。誰もがうなる美味の数々を惜しげもなく公開します!

こんなにもおいしくて美しい氷菓子があったとは! 老舗洋菓子店の究極アイス〜ポアール・デ・ロワ 銀座〜

この氷のお菓子に出逢えたことは、食の神様が私についているということの証に違いない!

そのお菓子とは……アイスなのです。

ホールサイズのりんごのアイス「ポンム」
ホールサイズのりんごのアイス「ポンム」

アイテムやカテゴリー分けするのにアイスと表現するしかないので仕方なくこう呼びますが、これはアイスであってアイスにあらず。
何か新語を作りたいくらい、アイスクリームでもシャーベットでもない独特の食感。
そして本物の食材を超える味わい。

こんなにもおいしくて美しい氷のお菓子があったとは!

少し溶け出す食べごろまでじっとガマン
少し溶け出す食べごろまでじっとガマン

どうですか、この上品な佇まい。
派手な飾りは一切なし。
限りなくシンプル、ですが間違いなくおいしいと思わせる風格があります。

冷凍庫から出し、室温で5分ほど待ち、表面が溶け始めるまでは手をつけてはいけません。だってこの最高のお菓子は最高の状態でいただきたいからです。

そろそろいいかなとスプーンですくうと、まだ中は凍っているらしく、シャリシャリッという音がする。
まだ早かったか……でもひと口目はこのくらいでもいいかも。

口にする。
フワ〜っと完熟したオレンジの香りが一気に広がり、シルクのようになめらかな舌触りの後に、かくし味のリキュールが追うように一瞬香る。

「え、何がどうしてどうなった?」

人間、予想を超えたおいしさに出逢うと分析力が停止してしまうものですね。
頭と舌だけが本能というか直感というか、本当に単純に感動で震えている感じ。

そして“とんでもなくおいしい”という記憶となって残るのです。

真ん中にひと切れのコンフィチュールを挟んでいる。これが超絶おいしい「オランジュ」
真ん中にひと切れのコンフィチュールを挟んでいる。これが超絶おいしい「オランジュ」

いやいや、分析力が停止している場合ではない。
ライターとして生きている以上、きちんとわかるように表現しなければ。
冷静になってからもうひと口、ふた口といただいてみる。

おいしすぎる!!!
まるでオレンジそのもの、いや、本物のオレンジを超えているではないか。
どうやったらこんな傑作が生まれたのでしょうか。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

高橋綾子

たかはし・あやこ●フードパブリシスト。国内外ファッションブランドのプレス時代から培った〝食″へのこだわりは、舌の肥えた業界人も頼りにするレベルの高さ。年間1000を超えるという外食の日々が築き上げたおいしいもの好きが嵩じて、ついに2018年2月に東京・下北沢にてレストラン「üchï(うち)」をオープン。おいしいものしか喉を通らない不思議体質。
Facebook→https://www.facebook.com/ayako.takahashi.1671

uchi→http://uchi.tokyo/

週間ランキング 今読まれているホットな記事