よみタイ

高橋綾子「綾子のギョーカイ総受けグルメ手帖」

粋な大人が月2で食べたくなる奇跡のコース5000円のイタリアン 〜スーペルトラットリア リト〜

お料理はおまかせ6-7品のコース(5,000円)のみで、21時からはアラカルトになります。

基本は食材の魅力を感じられるようにシンプルに調理したアンティパストから始まり、郷土料理が2-3品、イノベーティブ料理が1-2品、メインの肉料理、〆のパスタ、デザートという流れ。

スープはコースの中でも人気のひと皿
スープはコースの中でも人気のひと皿

こちらは「とうもろこしの冷製スープ」。

これが悶絶級のおいしさでして、甘くてコクがあって口当たりがなめらか。
そしてオリーブオイルと胡椒が味を締めてくれるのです。

添えてあるチーズと粗めのパン粉をまぶした自家製グリッシーニを崩してクルトン代わりに入れるのもよし! でもこのグリッシーニがまためちゃくちゃおいしいのでそのまま食べてしまいました。

9月以降はごった煮にしたいろいろな魚を濾したリグーリアの郷土料理「チュッピン」が登場するらしいですよ。凝縮したうまみだけで作る採算度外視のスペシャリテですって!

生パスタはもっちもちの食感が醍醐味です
生パスタはもっちもちの食感が醍醐味です

大好きなボッタルガのパスタは卵麺の「タヤリン」。
ズッキーニ、万願寺とうがらし、鰆、ボッタルガの組み合わせなんて初めて!

このハーモニー、たまらんおいしさです。すごいな、市川さんの味のセンス。

右から時計回りに「源氏和牛」「島豚かずごろう」「あいち鴨」
右から時計回りに「源氏和牛」「島豚かずごろう」「あいち鴨」

メインは熟成肉。
豚、牛、鴨は市川さんの大好物なだけに産地銘柄にもこだわっています。

豚は宮城県産の「島豚かずごろう」を骨付きのまま2日間冷蔵庫で風を当ててから出荷してもらう。到着してからもお店でさらに寝かせています。
肉質はきめ細やかで、脂身がこれだけあっても甘みがあり後味はスッキリ!

愛知県産の「源氏和牛」は、脂肪の融け始める融点が14度、そして22-23度で完全に融けるので脂のクドさはなく、うまみだけをしっかり感じます。こちらは届いてから1週間ほど寝かせています。

鴨は20日以上熟成させてから出荷する「あいち鴨」。お店に届いてからさらに寝かせ、だいたい40日ほどしてから料理しています。

炭火焼き台には毎日大きな塊肉がのっています
炭火焼き台には毎日大きな塊肉がのっています
1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

高橋綾子

たかはし・あやこ●フードパブリシスト。国内外ファッションブランドのプレス時代から培った〝食″へのこだわりは、舌の肥えた業界人も頼りにするレベルの高さ。年間1000を超えるという外食の日々が築き上げたおいしいもの好きが嵩じて、ついに2018年2月に東京・下北沢にてレストラン「üchï(うち)」をオープン。おいしいものしか喉を通らない不思議体質。
Facebook→https://www.facebook.com/ayako.takahashi.1671

uchi→http://uchi.tokyo/

週間ランキング 今読まれているホットな記事