よみタイ

祝!続々重版!!【村井理子ロングインタビュー前編】「赤川次郎を知り、椎名誠に恋をし、ブッシュを追った」、その半生とカルチャーを振り返る

ブッシュへの執着が初の翻訳本へ

――そこからどうやって翻訳という道に行かれるんでしょうか。

さっき話したヨウコちゃんとか、友人のおかげです。彼女は本当にニューヨークに移住して、よく長距離電話してて。あるとき「ブッシュの息子が次の大統領になったら、私アメリカ出るかも」と言い出したんですよ。それで私もいろいろ調べてみて、たしかにこんな人がアメリカの大統領になったらヤバいって気づいた頃には、本当に大統領になってしまった。

――村井さんの最初の翻訳書『ブッシュ妄言録』は、そこから生まれたんですね。

そうなんですよ。最初はただ調べるだけでしたけどね。書き始めたのも友人のおかげなんです。当時同僚だったみっちゃんが、急に「私、これからはインターネットやと思う」って言い出して、デジタルハリウッドっていう専門学校に通い始めて。それで卒業制作でウェブサイト作るってことで、なにか一緒にやろうよって誘われて、「ブッシズム」を書き始めたんです。

――そのサイトがフガフガ・ラボですか。

そうそう。みっちゃんが「私、猫好きだから猫のことやる」ってペットサイト「フガフガ・ラボ」を作ったんです。そこでなぜか私はブッシュのことを書く(笑)。サイトが完成して少し経った頃、今はなき雑誌『ダカーポ』の編集者からメールが来て、「ブッシズムをダカーポに載せたいです」って言うんで載せてもらって。その翌週にはこれまた今はなき「ぺんぎん書房」の編集者が「本にしましょう!」と言ってくれたんです。

――すごいトントン拍子だったんですね。

そうなんですよ。自分ではまさか本になるなんて思いもしませんでした。出版が2003年ですが、それからしばらくして、『マイケル・ムーアの恐るべき真実 アホでマヌケなアメリカ白人』が話題になって、コバンザメ商法でめちゃんこ売れました。6万部ぐらいかな。

左より『ブッシュ妄言録』(ぺんぎん書房/2003年1月)『ブッシュ妄言録2』(ぺんぎん書房/2003年5月)『ブッシュ妄言録 ブッシュとおかしな仲間たち』(二見文庫/2006年)
左より『ブッシュ妄言録』(ぺんぎん書房/2003年1月)『ブッシュ妄言録2』(ぺんぎん書房/2003年5月)『ブッシュ妄言録 ブッシュとおかしな仲間たち』(二見文庫/2006年)

――『ブッシュ妄言録』は続編も出てますね。

そうですね。その後もブッシズムは、フガフガ・ラボからページを独立させて更新し続けたんです。結局、ブッシュの2期目が終わってホワイトハウスを離れる様子を書いて、更新を終わらせて、翌日にはサイトごと削除しました。

――8年以上もブッシュについて書き続けたんですね。

もともとアメリカの大統領って気になる存在だったんですよ。それでブッシュの強烈なキャラクターが気になってしまった。私、みんなに嫌われてる人ってなんか気になっちゃうんですよね。どうしてそんなに嫌われるんだろうと。

――オバマの名言は日本でもかなり注目されましたが、そっちはあまり興味なかったですか?

うん、おもしろくなかったです(笑)。かといって、トランプの4年まで行くと、イヤすぎて見てられなかった。ただ、メラニアは気になりましたね。なんであんなにリベラルの人たちから嫌われるんだろうって。調べてもほとんど情報が出てこないのも不思議でした。私、みんなに嫌われる人は、自動的に好きになってしまうところがあるんですよ。人間って一筋縄ではいかないから、簡単に好きとか嫌いとか、善悪で片付けてしまったら、おもしろくないですよ。

後編に続きます>

村井理子さんの大好評既刊『本を読んだら散歩に行こう』話題継続、発売中!

実兄の突然死をめぐる『兄の終い』、認知症の義母を描く『全員悪人』、壊れてしまった実家の家族について触れた『家族』。大反響のエッセイを連発する、人気翻訳家の村井理子さん。認知症が進行する義母の介護、双子の息子たちの高校受験、積み重なりゆく仕事、長引くコロナ禍……ハプニング続きの日々のなかで、愛犬のラブラドール、ハリーを横に開くのは。読書家としても知られる著者の読書案内を兼ねた濃厚エピソード満載のエッセイ集。

書籍『本を読んだら散歩に行こう』は、全国書店やAmaozonなどで大好評発売中!

1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント
村井理子

翻訳家、エッセイスト。1970年静岡県生まれ。琵琶湖畔に、夫、双子の息子、ラブラドール・レトリーバーのハリーとともに暮らしながら、雑誌、ウェブ、新聞などに寄稿。主な連載に「村井さんちの生活」(新潮社「Webでも考える人」)、「犬(きみ)がいるから」(亜紀書房「あき地」)。主な著書に『兄の終い』『全員悪人』(CCCメディアハウス)、『犬ニモマケズ』『犬(きみ)がいるから』『ハリー、大きな幸せ』『家族』(亜紀書房)、『村井さんちの生活』(新潮社)、 『村井さんちのぎゅうぎゅう焼き』(KADOKAWA)、『ブッシュ妄言録』(二見書房)、『更年期障害だと思ってたら重病だった話』(中央公論新社)など。主な訳書に『サカナ・レッスン』『ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室』『ゼロからトースターを作ってみた結果』『人間をお休みしてヤギになってみた結果』『黄金州の殺人鬼』『メイドの手帖 最低賃金でトイレを掃除し「書くこと」で自らを救ったシングルマザーの物語』『エデュケーション 大学は私の人生を変えた』『捕食者 全米を震撼させた、待ち伏せする連続殺人鬼』など。
新刊エッセイ『いらねえけどありがとう いつも何かに追われ、誰かのためにへとへとの私たちが救われる技術』(CCCメディアハウス)が、12月16日に発売!


ツイッター:@Riko_Murai
ブログ:https://rikomurai.com/

週間ランキング 今読まれているホットな記事