よみタイ

『沼の中で不惑を迎えます。』竹内佐千子さんが底なしのBL沼にハマり中! 「よみタイ」週間ランキングTOP5【12月19日〜12月25日】

2021年12月19日(日)〜12月25日(土)の1週間「よみタイ」で配信された「よみもの」「コミック」「特集記事」全ての記事の中から、特に人気を集めた記事TOP5を発表します!
前回は、村井理子さんのエッセイ連載「犬と本とごはんがあれば 湖畔の読書時間」が1位に輝きました。
今回のランキングはどのような顔ぶれとなるでしょうか。各連載のあらすじや、読みどころもあわせてご紹介します!

(構成・文/よみタイ編集部)

【5位】「タクシーは鏡みたいなものだ」ベテラン運転手から見える日本の姿/「いつも鏡を見てる」(矢貫隆)

タクシードライバーの職務経験を持つノンフィクション作家・矢貫隆さんが、背景を持つ多くのタクシードライバーたちの人生を徹底取材して描いた、ドラマティック・ノンフィクション『いつも鏡を見てる』。
2020年12月に発売され、好評を博したこちらの書籍が、「よみタイ」にて期間限定で全文無料公開中です。

こちらの第21話「『タクシーは鏡みたいなものだ』ベテラン運転手から見える日本の姿」(12月20日配信)が第5位に入りました。

この回では、第6話で20代の若手運転手として登場した「磯部健一」が、ベテラン運転手となって再登場。
バブルの熱狂と崩壊、聖域なき構造改革、リーマンショック、アベノミクスと、長年タクシー業界に身を置いてきたからこそ見えてきた日本社会の姿が語られます。

本連載は12月31日配信予定の24話で最終回。最後までどうぞお見逃しなく!

1 2 3 4 5

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

週間ランキング 今読まれているホットな記事