よみタイ

あだ名は「粘土」と「虫の裏側」 川村エミコ×爪切男初対談「人じゃないものに分類される喜び」

川村エミコさんの初エッセイ『わたしもかわいく生まれたかったな』の発売を記念し、2020年10月11日(日)に本屋B&Bにて、オンライントークイベントが行われました。
対談ゲストには、奇しくも同時期に「よみタイ」にて「クラスメイトの女子、全員好きでした」を連載していた、作家の爪切男さんをお迎えしました!
同じ年のお二人は、子どもの頃からの様々な共通点が見つかって、初対面とは思えないほどトークは大盛り上がり。イベントの様子をダイジェスト版でお届けします!
(聞き手・構成/「よみタイ」編集部 撮影/齊藤晴香)

1979年生まれ、大学浪人を経験など、共通点の多い爪さん(左)と川村さん。
1979年生まれ、大学浪人を経験など、共通点の多い爪さん(左)と川村さん。

すぐ好きになってしまう

――お二人は初対面ということですが、第一印象は?

川村 爪さんの本を読むと、周りに「いい女」が多いですよね。爪さんの見つめる角度がいいんだと思います。その子のいいところを見つけることができるって素敵。独眼竜で嘘をつく女の子との話も、嘘をつくのって普通は嫌だと思うけど、そこにキュンとして素敵だなと思っていたり。私も、初めて付き合った男の子が、国民的な人気の女性有名人のことを「同じクラスだったら絶対仲良くならない」って言っていて、そこにすごくキュンとしたんです。
私のエッセイは、読むと学生時代を思い出したと言ってもらうことがあるんですけど、爪さんの本もそうでした。恋した自分に嘘はないし、いいなと思えるところがたくさんありました。

 僕の場合はとにかく惚れっぽいんですよ。たとえばノートPCを開いて喫茶店で仕事しようとしても、店員さん、お客さん関係なく、店内にいる女性全員のことが気になってモヤモヤしてしまう。
僕は川村さんの本を読んで、同士を見つけたような気がしました。僕は、女の子が何を考えているのかわからないから、すごく知りたくなってしまう。連載にも書いた、とにかくすぐ吐いちゃう女の子のこととかも、「うわ、吐いた」で終わりじゃなくて、もっとその子のことが知りたいと思って、吐いた後の所作とか、翌日の様子とかずっと観察してしまう。そういうことをしているのは自分だけなんじゃないかって不安があったんですけど、川村さんもクラスメイトや好きだった人のことを僕以上に観察して、妄想していて嬉しかったです。
 

胸キュンエピソードを思い出して興奮する川村さんの向かいには、こけしたちが。
胸キュンエピソードを思い出して興奮する川村さんの向かいには、こけしたちが。

川村 私もすぐ好きになっちゃうから、普段は「乙女の蓋」をぎゅーっと締めてます。
飲み会とかで「次、何飲む?」とか聞かれただけで「わー! 私のこと見て気にかけてくれてたんだ!」って嬉しくなって、その人のことをずっと見ちゃう。 
でもこちとら静かだから、自分の周りにどんどん空いたグラスが集まってきて、食器下げたり注文まとめたり、店員さんみたいなことやったりしていて。
そんな人生だったもんで、乙女心をコントロールできるようになったんです。心の鍵の付け方みたいなものがコントロールできるようになると、人生ちょっと楽になりました。

 僕は恋心のコントロールはいまだに全くできないですね。女子からもらったちょっとの優しさをずっと覚えています。

川村 わかります! 私も学生時代は全然できなくてキュンキュンしっぱなし。だから好きになった男の子のこととか書いていたら止まらなくなっちゃう。
私は小学校の頃からいじめにあっていたんですけど、暗いしネガティブだけど図太い部分もあったのが救いだったなとも思っています。人は人というか。普通は仲間はずれにされたら嫌だと思うんですけど、そういうのも特になく、ま、そんなもんかと。

1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

川村エミコ

かわむら・えみこ●1979年神奈川県生まれ。お笑いコンビ『たんぽぽ』のボケ担当。主な出演作品に日本テレビ『世界の果てまでイッテQ!』、フジテレビ『めちゃ2イケてるッ!』、東海テレビ『スイッチ!』など。
オフィシャルブログ→https://ameblo.jp/sienne04
Twitter→https://twitter.com/kawamura_emiko
YouTubeおかっぱちゃんねる川村エミコ公式動画館→https://www.youtube.com/channel/UCGkqb7PyCVGojtVkAOL58Bg

撮影:齊藤晴香

爪切男

つめ・きりお●作家。東京都中野区在住。2018年1月、『死にたい夜にかぎって』(扶桑社)にてデビュー。中央公論新社BOCにて好評を博した『男じゃない女じゃない仏じゃない』が来年書籍化予定。トークショー、物言わぬ変人役でのドラマ出演、サウナコンテストの審査員など、作家以外の活動も多種にわたって迷走中。

週間ランキング 今読まれているホットな記事