よみタイ

「逃げたあなたはがんばった」 おぐらなおみさんが、親を許せない人に伝えたいこと

「逃げたあなたはがんばった」 おぐらなおみさんが、親を許せない人に伝えたいこと

7月5日、まきりえこさんの新刊『実家が放してくれません』が発売されました。
「毒親」や「家の圧力」に深く切り込むコミックエッセイです。

「よみタイ」連載時(2020年5月〜2021年4月)から、SNSなどで大きな反響を呼んだ本作。
単行本化にあたり、親との関係に苦しんできた経験をもつ文化人の方々も、様々な感想を寄せてくださいました。
そのメッセージを連続書評企画としてお届けします。

前回は、凄絶な生育歴と母親との確執を描いたコミックエッセイ『母さんがどんなに僕を嫌いでも』などで知られる小説家・漫画家の歌川たいじさんが書評を寄せてくださいました。

今回は、『こんな息子に母がした』や『母娘問題 オトナの親子』など、親子や夫婦関係をテーマとしたコミックエッセイが話題の漫画家・おぐらなおみさんです。

(構成/「よみタイ」編集部)

癒されるというよりは、戦う勇気が湧いてくる

連載でも拝読しましたが、一冊にまとめられたものは一段とすばらしかったです。

いつものまきりえこさんはユーモアセンス抜群のマンガをお描きになりますが、
今回の『実家が放してくれません』は静かに、でも熱い情熱が込められた本であると感じました。

読んで癒されるというよりは、戦う勇気が湧いてくる読後感でした。

多くの方に読んでいただけますように。

(イラスト・文/おぐらなおみ)

『実家が放してくれません』連続書評
●第1回 虐待サバイバーの菅野久美子さんが、ストリップ劇場で母と共有した「魔法」(菅野久美子さん/ノンフィクション作家)
●第2回 母からの虐待・絶縁の先に…。歌川たいじさんが「毒親から逃げていい」に抱いた違和感の正体(歌川たいじさん/小説家・漫画家)
●第3回 「逃げたあなたはがんばった」 おぐらなおみさんが、親を許せない人に伝えたいこと(おぐらなおみさん/漫画家・イラストレーター)
●第4回 新宗教にハマった母にネグレクト…漫画家・菊池真理子さんが気づいたアダルトチルドレンからの回復に必要なこと(菊池真理子さん/漫画家)
●第5回『ペリリュー』作者・武田一義さん描き下ろしメッセージ。魂に傷を負った人に届けたい、大好きな言葉(武田一義さん/漫画家)

断ちがたい親との関係に深く切り込むコミックエッセイ

エイトとアサは一軒家に住む若夫婦。
転職を繰り返す夫を心配しながらも、家を整えささやかな暮らしを営むアサ。
やがて待望の第一子を授かるが、孫の顔を見るためにと頻繁に訪ねてくる実母の言動にアサの苦悩は尽きず、幼い頃の記憶がよみがえる……。

「よみタイ」で大反響を呼んだ連載に、アサの母の生い立ちや実家の人々の謎が解き明かされる描き下ろしと小島慶子さんの巻末エッセイを加え、待望の書籍化。
コミック『実家が放してくれません』の詳細はこちらから

第1話はこちらからお読みいただけます→1.いい天気の日に「仕事見つかりそう?」は言いにくいものです

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

おぐらなおみ

群馬県出身。マンガ家・イラストレーター。
著書に『こんな息子に母がした』『育児バビデブー』(辰巳出版)、『働きママン1年生』『新 働きママン 谷のぞみ(32) ワーママデビューします!』(小社刊)『母娘問題 オトナの親子』(中央公論新社)『私の穴がうまらない』(KADOKAWA)などがある。

Twitter @ogura_naomi

週間ランキング 今読まれているホットな記事