よみタイ

『女フリーランス・バツイチ・子なし 42歳からのシングル移住』の藤原綾さんが地域の居酒屋と温 泉を大切にする理由とは? 週間ランキングTOP5【3月19日~3月25日】

2023年3月19日(日)~3月25日(土)の1週間「よみタイ」で配信された「よみもの」「コミック」「特集記事」全ての記事の中から、特に人気を集めた記事TOP5を発表します!
前回は、稲田俊輔さんの 「異国の味」 が2週連続の1位に輝きました。
今回のランキングはどのようなラインナップとなるでしょうか。
各連載のあらすじや、読みどころもあわせてご紹介します!
(構成・文/よみタイ編集部)

【5位】日本のロシア料理店が醸し出す、古きよき「外食」の特別/「異国の味」(稲田俊輔)

南インド料理など食の新しい潮流を生み出し続ける料理人で飲食店プロデューサーの稲田俊輔さんによるエッセイ連載「異国の味」。
「現地風の店」が出店すると、なぜこれほど日本人は喜ぶのか。
日本人が「異国の味」に求めているものはなんなのか。
博覧強記の料理人・稲田さんが、日本人の「舌」を形成する食文化に迫る連載です。

イラスト/森優
イラスト/森優

これまで、中国(華)料理、フランス料理、ドイツ料理、タイ料理に着目してきた本連載。
「日本のロシア料理店が醸し出す、古きよき『外食』の特別」(3月24日配信)は、ロシア料理編です。

「イタリアンであれタイ料理であれ居酒屋であれ、どんなジャンルでもたいてい、そこに属する店の大多数は似たようなメニューと味付けであり、それに対して少数の店がそれぞれの独自路線で『差別化』をはかる、というのが基本的な構造。それに対してロシア料理というジャンルは、僕が知る限り全ての店が独自路線なんですね。」と著者。

日本における「ロシア料理店」の存在について、独自の考察が展開されています。

1 2 3 4 5

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

週間ランキング 今読まれているホットな記事