よみタイ

認知症の妻を待って…死の間際の夫が見せた奇跡 「よみタイ」週間ランキングTOP5【2月13日〜2月19日】

2022年2月13日(日)〜2月19日(土)の1週間「よみタイ」で配信された「よみもの」「コミック」「特集記事」全ての記事の中から、特に人気を集めた記事TOP5を発表します!
前回は、ふるかわしおりさんの連載「恋と友情のあいだで」が5週連続で1位に輝きました。
今回のランキングはどのような顔ぶれとなるでしょうか。各連載のあらすじや、読みどころもあわせてご紹介します!

(構成・文/よみタイ編集部)

【5位】フィギュア日本人初五輪メダリスト、伊藤みどりがパリで見せた伝説のフリー

北京五輪で熱戦が繰り広げられたフィギュアスケート。
メダルを獲得した選手の活躍はもちろんのこと、技術力と芸術性が融合したフィギュアという競技ならではのドラマ性に、胸を熱くした方も多かったのではないでしょうか。

1月26日に発売された『たかがジャンプ されどジャンプ 日本フィギュアスケートに金メダルをもたらした武器』は、元スケート連盟フィギュア強化部長や国際審判員として長く舞台裏で活躍してきた城田憲子さんによる、日本フィギュアスケートの技術の歴史書ともいうべき一冊。
伊藤みどり、荒川静香、安藤美姫、浅田真央、高橋大輔、羽生結弦、宇野昌磨、鍵山優真など、日本フィギュアスケートを世界の頂点に導いてきた選手たちの技術、とくに日本人ならではの特性を生かした高度な技術「ジャンプ」という武器について国際審判員の視点から、細かく、また客観的に説明しています。

「フィギュア日本人初五輪メダリスト、伊藤みどりがパリで見せた伝説のフリー」(2月7日)は、オリンピックにあわせた特別企画として、本書を1部抜粋・改変してお届けした特集記事。
元強化部長の城田さんが間近で見つめてきた、ジャンプの申し子・伊藤みどりさんのストーリーです。
ぜひ前編「北京五輪開幕記念! フィギュア五輪初メダリスト伊藤みどりのトリプル・アクセルは、鳥肌が立つほどの完成度だった」(2月3日配信)から続けてお読みください。

1 2 3 4 5

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

週間ランキング 今読まれているホットな記事