よみタイ

川村エミコ「わたしもかわいく生まれたかったな」

【ブスは出歩け! ブスはしゃべるな! ブスは待て!】40歳、恋愛格言をアップデートしてみる

 次は「ブスはしゃべるな!」。
 好きな人が出来た時、秘密裏に進める、ということです。周りのかわい子ちゃんに相談したところで、そのアドバイスは絶対と言っていいほど上手くはいかない!

 自分でアタッテクダケテ、自分の恋愛パターンを習得するしかない! 他人に相談した時点で上手くいかない!という意味の「ブスはしゃべるな!」です。

 この「秘密裏に進める」を見直してみます。
 学生時代の恋愛においては、「ブスは秘密裏に進める」で間違いは無かったと思います。あくまで川村の場合ですが、少しでも気があるのがバレたもんなら、ザザザ、ザザザとコンクリートにお尻を擦るような、地味なのに確実に傷がつくカタチでクラスに広まります。
 
 まずココで経験するのが、「告ってないのにフラれる」っていうやつです。
 高校1年生の頃、好きになったのが同じ部活の2コ上のM先輩。コーラを買ってくるように頼まれて、買って渡すと、「無いわぁ〜〜、川村無いわぁぁぁぁ〜〜」の一言。

 え? コーラを頼まれて買ってきただけで? 無いってなに?
 当時、言われた直後は初めての経験だったので、「ポカン」となりました。
 あ、恋愛として無いってことね!と飲み込むのに時間が掛かりました。
 数秒して、心の中で叫びました。
「告ってないのに、フルんじゃねーよ! つーか、まずはコーラありがとう!でしょうがぁっぁぁっ!!」

 そして、高校2年生でいざ!経験します。
「川村さんって、いいなって思う人いるの?」
「好きとかじゃないけど、かっこいいなぁ、〇〇君。」
 女子に言ったら広まります。「好きとかじゃ無いけど」の部分は削除!されて。

 ただ一生懸命に恋をするスタンスは昔からありまして、周りから見ても分かるくらい頑張っていたかと思います。
 春の遠足行事があったのですが、なぜか突然、遠足の自由時間に2人でちょっとどっか行こうって誘いなよぉ!のアドバイスを女友達から貰いました。
 緊張やら、身の丈に合ってないなぁの思いやらでゲロ吐きそうでしたが、波風立てるのがとにかく嫌だったので、誘ってみました。
 こんなにも男性と食べるモスバーガーが緊張するとは思いませんでした。そこは1つ収穫っちゃあ収穫でした。

 その後1ヶ月もしないうちに、その男子が、同じクラスのテニス部だかバレー部だかで明るく、好きな食べ物は?と聞かれて「餃子!!」と答えるだけで周りで笑いが起こるような雰囲気かわいい系の女の子と付き合い始めた時の落ち込みようったら、無いです。私の応援っぽいことをしてた人も、薄っすらとした目で見てきた時のあの気持ちったら無いです。
 しかも、よくわからないところで女子とゴタゴタしました。ハブっぽい事をされました。
 悪いことしたつもりは一切なかったので放っておきました。
 言ってないことを言ってるってなったりしてたなぁ。
 そうです。「秘密裏」に進めなければならなかったのです。

 放っておくことが出来たのは、幼稚園の頃静かだった私に対して、クラスの先生が「あの子、静かで嫌だわぁ」と言い、隣のクラスの先生が「楽でいいじゃない。」と言っているのを聞いてから、毎日大きい家具に追いかけられる夢を見ていたのですが、その時「いつもあんなに笑顔で話してくれる先生がまさかそんな事を言うなんて。」と傷つきまして、そこから割り切ったお付き合いが出来るようになりました。みんな、そんなもん!って。

 ただやはり感情はあるので、ゴタゴタしたくないです。恋愛において男性との楽しいゴタゴタはしたいですが、女子とゴタゴタするのだけは勘弁太郎です。

 そこから生まれたのが「ブスはしゃべるな!」です。
「秘密裏」がベストです。「ブスはしゃべるな!」は上記のように学校という限られた中でのことだけだと思っていたのですが、芸人になってからもありました。ちょっとした話からのかわい子ちゃんのアドバイス。LINE の返信の仕方を教えてもらったのですが、見事に1つも当てはまりませんでした。

 この「ブスはしゃべるな!」の中には、「恋愛というのは自分の中で上手くいくパターンというのが必ずあるので、他人のアドバイス何ぞは、思いっきりかわい子ちゃんじゃない限り当てはまらない」という意味が入っています。
 しゃべってしまうと上手くいくポイントが減ってしまう気がします。
「ブスはしゃべるな!」はアップデート無く、そのまま行きます!

1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

川村エミコ

かわむら・えみこ●1979年神奈川県生まれ。お笑いコンビ『たんぽぽ』のボケ担当。主な出演作品に日本テレビ『世界の果てまでイッテQ!』、フジテレビ『めちゃ2イケてるッ!』、東海テレビ『スイッチ!』など。
オフィシャルブログ→https://ameblo.jp/sienne04
Twitter→https://twitter.com/kawamura_emiko
YouTubeおかっぱちゃんねる川村エミコ公式動画館→https://www.youtube.com/channel/UCGkqb7PyCVGojtVkAOL58Bg

週間ランキング 今読まれているホットな記事