よみタイ

オギリマサホ「スポーツ界イケてる顔面図鑑」
広島カープを、プロ野球を、いやいやスポーツ界をこよなく愛するイラストレーター、オギリマサホ。その愛ゆえか、職業柄か、なんだか気になる、なんとも魅かれる、スポーツ選手たちの顔、顔、顔……見渡せばスポーツ界にはイケてる顔面が大豊作。愛すべきその面々、ちょっと斜め下から分析しちゃいます!

「真央ちゃん」を「真央さん」と呼ぶようになる日~浅田真央(元フィギュアスケート選手)

浅田真央(あさだ・まお)●90年愛知県生まれ。元・女子シングルフィギュアスケート選手。中京大学体育学部卒業。ジュニアの頃から大きく頭角を現し、その後、選手としての数々の輝かしい実績はもちろん、可憐でピュアな表情と演技でも多くの人々を魅了した。
主な記録は、2010年、バンクーバー五輪銀メダル、2014年ソチオリンピック6位入賞を始め、2008、2010、2014年世界選手権優勝。グランプリファイナル優勝、4回、四大陸選手権優勝、3回。全日本選手権優勝、6回……と、まさに日本の女子フィギュアシングルの歴史を代表する選手。

スケートの天才少女は演技だけでなく、その愛らしさでも飛びぬけていた

人というのは勝手なもので、ある人に第一印象で抱いたイメージを、ずっとその人に押し付けてしまいがちだ。たとえば子役の時に話題となった俳優が、その後どんなに成長して大人の演技を身につけたとしても、見ている側のイメージは子役の時のままだったりする。私の中の安達祐実は今でも「私はかわいいアライ“グ”~マ」と歌って、小林稔侍に「母さん、どうしてこの子は具が大きいのかなぁ」と言われている印象だし、鈴木福、芦田愛菜はいつまで経っても「くん」「ちゃん」付けで呼んでしまいそうな気がしている。

それはスポーツ選手についても同様で、若いうちから頭角を現した選手を、われわれはいつまでも「ちゃん」付けで呼んでしまっていないだろうか。その筆頭に挙げられるのが、フィギュアスケート選手・浅田真央だと思う。普段私がコラムを書く時には人名に敬称を付けないのだが、ここでは特別に「真央ちゃん」と呼ばせてもらいたい。

幼い頃から「天才少女」と呼ばれ、小学6年生の時に特別推薦で出場した全日本選手権で3連続3回転ジャンプを飛んで注目された真央ちゃん。15歳でシニアに転じた2005-2006シーズン、グランプリシリーズ初戦中国杯で2位、第2戦エリック・ポンパール杯で優勝した後、東京で行われたグランプリファイナルで優勝を果たし、「真央ちゃん」の名前は一躍全国区となった。
ピンクの衣装に身を包んだ真央ちゃんが、軽やかにトリプルアクセルを決めて「くるみ割り人形」を舞ったフリーの演技は、まるで妖精のようでもあった。演技後、ドラえもんのぬいぐるみを抱えながら得点発表を待ち、高得点に大喜びする笑顔とともに、日本中の大人たちに「かわいい真央ちゃん」という強烈な印象を残したのである。

ところで先日、朝日新聞デジタルの記事に「浅田真央30歳、夢は古民家生活」(2021年2月23日)というタイトルを見つけて仰天した。私の中の真央ちゃんは、15歳の印象のままで止まっていたからだ。思えばあのグランプリファイナルから15年が経っているのだから、30歳になっているのは当たり前である。本来ならば「真央さん」と呼ばなければならない年齢のはずだ。それなのになぜ、「真央ちゃん」の方がしっくりくるのだろう。
 

おっとりと天真爛漫な笑顔は年を重ねても微塵も変わらないようだ
おっとりと天真爛漫な笑顔は年を重ねても微塵も変わらないようだ
1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント
オギリマサホ

1976年東京都出身。イラストレーターとしてシュールな人物画を中心に雑誌や書籍などで活躍。中学1年までは巨人ファンだったのが、中2のときに投手王国・広島カープに魅せられ、広島ファンに転向。そのカープ愛が炸裂するイラストエッセイ『斜め下からカープ論』を刊行。野球のみならず、広くスポーツ界を愛している。
Twitter@ogirim

週間ランキング 今読まれているホットな記事