よみタイ

南和行「離婚さんいらっしゃい」

夫が消した社内定期預金の行方

母は離婚の後押しをしてくれなかった

チキ子は夫と一緒に暮らすことが、
どうしても耐えられなくなり、
子供三人を連れて、実家に帰ることにした。

離婚するかどうかはわからない。

ただ、実家に帰って両親にこれを打ち明ければ、
チキ子がいつも手本にしてきた母親なら、
「離婚しなさいよ」と背中を押してくれるのでは、
という期待はしていた。

「夫婦は信頼関係が大切よ」
「信頼関係がないなら離婚するしかないわ」
「いいのよ帰ってらっしゃい」

と母親に言ってもらいたかった。

しかし母親はそうは言わなかった。

「離婚したら、ここで暮らしたとしても、
 アナタの稼ぎと養育費だけじゃ、
 子供三人を育て上げるの大変よ」

と母親は言った。

「それに離婚しても子供とお父さんの縁は続くから、
 けっきょく連絡も取り合わなくちゃいけないし、
 面倒くさいのは離婚するほうかもしれない」

とまで言われた。

チキ子は「だって」という言葉を飲んだ。

チキ子は、長男と長女が年子で生まれて、
育児ノイローゼに近い状態だったとき、
夫に対して爆発しそうになって、
そのときも一瞬だけだが、
自分から離婚することが頭をよぎった。

しかしもしそのとき離婚していたら、
二人の子供を抱えて実家に身を寄せるしかなく、
離れて暮らす兄弟に気を遣いながら、
節約と子育てに追われるシングルマザーになっていただろう。

今は少しはチキ子自身も働き、
自立の芽は見えたけれど、
将来的にしんどくなるのは、
どっちの選択だろうかと考えた。

結婚の枠内での自立

チキ子は、離婚はしないことにした。

夫のもとに帰ってからチキ子は、
パートの仕事の勤務時間を増やした。

今後、正社員になれなければ、
より給料の良い仕事を探そうと思った。

夫の扶養の枠内でというようなことはもう考えないことにした。

家計については生活費は夫の給料から支出し、
そこから余剰が出れば、
それはコツコツとチキ子名義の口座で貯金した。

そしてチキ子は自分で新しく生命保険の契約をし、
その支払いや子供の学資保険の支払いを、
チキ子の給料からするようにした。

チキ子は結婚というユニットの中で、
夫とチキ子、そして子供たちが、
「どうすれば楽しい時間を過ごせるのか」
その時々の条件で考えることにした。

そう思わないと、頭の中で、
消えた一千万円のことだけが、
グルグルと回り始め、
夫を問い詰めたくなる。

仮に問い詰めて答えがわかったとしても、
そのお金は「もうない」のだ。

チキ子が「離婚しない」という選択をして、
夫はますますチキ子に気を遣うようになったし、
子供のことにも積極的に関わるようになった。

何かしらの反省なのか贖罪なのか。

久しぶりにまた再会した元同僚に、

「夫を許したのか?普通なら離婚するだろう」

と言われた。

チキ子自身、夫を許した気持ちは全くない。

一千万円ものお金を消してしまい、
その理由を決して話そうとしない夫と、
同じ屋根の下で一緒に暮らしている自分自身に、
「おかしいんじゃないか」とすら思う。

夫婦として気持ち悪い状況だと、
冷静に思うこともある。

でも、じゃあ離婚したら幸せになれるのか、
離婚したら解決するのかというと、そうでもない。

あらためてチキ子は、高給サラリーマンの妻でありながら、
コンビニのレジ打ちのパートをずっと続けた母を尊敬する。

母は、結婚してからも、
結婚がゴールではない、そこから続く自分の人生設計を、
ちゃんと考えていたのだ。

だから母はチキ子にも安易に離婚を勧めず、
今の枠内でどうすればいいのかを考えさせたのだろう。

母がチキ子と同じ立場なら、
離婚せずに結婚を続けながらの
人生設計の組み替えを選択するだろうと思った。

それがチキ子にとって結婚の枠内での自立だ。

1 2 3 4 5 6 7 8

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

南和行

みなみ・かずゆき●1976年大阪府生まれ。京都大学農学部、同大学院修士課程卒業後、大阪市立大学法科大学院にて法律を学ぶ。2009年弁護士登録(大阪弁護士会、現在まで)。2011年に同性パートナーの弁護士・吉田昌史と結婚式を挙げ、13年に同性愛者であることを公言する同性カップルの弁護士による弁護士事務所「なんもり法律事務所」を大阪・南森町に立ち上げる。一般の民事事件のほか、離婚・男女問題や無戸籍問題など家事事件を多く取り扱う。著書に『同性婚―私たち弁護士夫夫です』(祥伝社新書)、『僕たちのカラフルな毎日―弁護士夫夫の波瀾万丈奮闘記』(産業編集センター)がある。
大阪の下町で法律事務所を営む弁護士の男性カップルを追った、本人とパートナー出演のドキュメンタリー映画『愛と法』が話題。
・なんもり法律事務所
http://www.nanmori-law.jp/
・南和行のTwitter
https://twitter.com/minami_kazuyuki
・吉田昌史のTwitter
https://twitter.com/yossy_nan

週間ランキング 今読まれているホットな記事