よみタイ

南和行「離婚さんいらっしゃい」

夫が消した社内定期預金の行方

【チキ子のその後】

夫は何も話そうとしないままだった

夫には何を問い質してもダメだった。
夫はもともと気が弱い。

チキ子が問い詰めれば問い詰めるほど、
夫の表情は曇り、
家の中が重苦しくなった。

夫は逆ギレをするような暴力性はないが、
根が真面目なので、
責められるととにかく暗くなる。

夫が暗くなればなるほど、チキ子もイライラが募る。

夫婦の険悪な空気を、子供たちは敏感に察知する。

不穏を察知した子供たちは、
情緒不安定になり、
長男が長女に暴力を振るい、
長女がまだ赤ん坊の次女にイタズラをする。
そして次女は果てしなく泣き止まない。

チキ子も心がおかしくなりそうになった。

夫がこのまま落ち込んで、
仕事に行くこともできなくなったら、
ますますチキ子の家族は行き詰まる。

チキ子は、本当に悔しかったが、
お金のことを夫に問い詰めるのをしばらく止めることにした。

今、なんとか乗り切ることを考えないといけない。

とはいえ、「貯めてあったはずのお金が消えた」だけなので、
日常の生活が困窮することはなかった。

生命保険引き落としと社内定期預金の積み立てがなくなったので、
生活費は全て夫の給料から出せるようになった。

チキ子は「今」を乗り越えたら、
夫を問い詰めたい気持ちもいずれは消えるかと、
自分にも期待したがそうでもなかった。

子供の手前、気にしないフリをすればするほど、
バカバカしくなる気持ち、夫への怒り、
とにかく「何が起こったのか」という不安、
心はますますぐちゃぐちゃになった。

夫のお金の事件が発覚して半年くらい経って、
チキ子はやっと夫の両親に全てを打ち明け相談をした。

夫の母親は、はらはらと泣き崩れて、
「ごめんね。チキちゃん」と言い、
夫の父親は、自分の生命保険を解約して、
チキ子夫婦に現金で渡すとまで言い出した。

ただチキ子はそれは遠慮した。

夫は一人っ子だったから、
夫の両親の財産はどっちにせよ夫が相続する。

チキ子としてはむしろ、
謎を解く手がかりがほしかったのだが、
どうも夫の両親も全く心当たりがないようだった。

夫を問い詰めると「離婚してくれ」と言われることを、
夫の両親に伝えると、
今度は夫の父親も母親も「ごめんね」とそろって泣き崩れた。

ほかの心当たりもなく……

チキ子は、もしかしたら夫は、
生命保険と社内定期預金を解約したお金を、
現金の形でどこかに「隠し持っている」のでは?
と思ったこともあった。

チキ子は、夫に内緒で仕事を休み、
一日を費やして家中を探してみた。
しかし、現金や、隠し口座の手がかりはなかった。

あるいは夫には愛人がいて、
そこにつぎ込んだのではということも疑ってみた。

しかし、チキ子が次女の出産で実家に帰っているとき、
チキ子は夫と毎日、LINEをしていた。
長男と長女がいる生活の中で、
仕事もある夫に、
羽目を外す余裕がないことはチキ子もいちばん知っていた。

チキ子は、おかしいことをしていると自覚しつつも、
保育所に行って、チキ子が実家に帰っている間の、
長男と長女の送り迎えの記録の書類を見せてもらった。

夫の送り迎えの時間に問題はなかった。

もしかしたら、お人好しの夫は、
信金の取引先の小さい会社の社長だとか、
地元の同級生だとか、
個人的に困っている誰かに、
お金を渡したのではないか、
そんなことすらチキ子は想像した。

チキ子はかつての同僚を昼休みに呼び出して、
何か怪しいことはないか、
夫の行動を調べてほしいとまで言った。

しかし元同僚はその場で、

「事情はわかるけど、心当たりはない」

「お堅い仕事だから、
 お金でおかしい問題があると、
 クビも飛びかねないんだから、
 そんなことはないだろう」

と言った。

むしろ元同僚からは、

「チキ子の目つきがおかしくなっているが大丈夫か?」

と心配された。

1 2 3 4 5 6 7 8

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

南和行

みなみ・かずゆき●1976年大阪府生まれ。京都大学農学部、同大学院修士課程卒業後、大阪市立大学法科大学院にて法律を学ぶ。2009年弁護士登録(大阪弁護士会、現在まで)。2011年に同性パートナーの弁護士・吉田昌史と結婚式を挙げ、13年に同性愛者であることを公言する同性カップルの弁護士による弁護士事務所「なんもり法律事務所」を大阪・南森町に立ち上げる。一般の民事事件のほか、離婚・男女問題や無戸籍問題など家事事件を多く取り扱う。著書に『同性婚―私たち弁護士夫夫です』(祥伝社新書)、『僕たちのカラフルな毎日―弁護士夫夫の波瀾万丈奮闘記』(産業編集センター)がある。
大阪の下町で法律事務所を営む弁護士の男性カップルを追った、本人とパートナー出演のドキュメンタリー映画『愛と法』が話題。
・なんもり法律事務所
http://www.nanmori-law.jp/
・南和行のTwitter
https://twitter.com/minami_kazuyuki
・吉田昌史のTwitter
https://twitter.com/yossy_nan

週間ランキング 今読まれているホットな記事