よみタイ

南和行「離婚さんいらっしゃい」

夫が消した社内定期預金の行方

全てが消えた……

チキ子夫婦と子供三人。

いよいよ夫の会社の借り上げの、
ファミリー向けの賃貸マンションが手狭になった。

これまでの間、夫の給料から積み立てた社内定期預金は、
それなりにまとまった金額になったはずだ。

とある週末、夫の両親の家に家族で顔を出した帰り道、
「それそろ社内定期預金を頭金にして、
 マンションか家を買わないか」

とチキ子は夫に水を向けた。
夫だって「いつまでも賃貸」とは思ってないだろう。

ところが夫の返事は「あぁ。うん」と歯切れの悪いものだった。
チキ子は不安がよぎった。

夫の社内定期預金は一般の貯金ではないから、
中身を確認する通帳はない。

次の日、チキ子は、
夫の給料の振込みの普通預金の通帳を持ち出し、
信金のATMで記帳をしてみた。

チキ子が次女の出産のため、
実家に帰っていた時期、

夫の普通預金口座に、
生命保険会社と社内定期預金をしている自社から、
まとまった金額の入金があり、
それがその当日、全額現金で引き出されていた。

チキ子は、夫の口座のキャッシュカードは持っていて、
それで必要な分の出し入れや振込をしていたので、
一日のうちにされた大きな金額の入金と出金には、そのときの残高はATMの画面で確認できたが
気付くことができなかった。

夫は、生命保険と社内定期預金を、
自分で勝手に解約して、
そのお金を全部どこかに動かしていたのだ。

チキ子は、通帳に記帳された、
自分たちの生活には不釣り合いな、
高額な金銭の入金と出金の数字に、
目眩がした。

1 2 3 4 5 6 7 8

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

南和行

みなみ・かずゆき●1976年大阪府生まれ。京都大学農学部、同大学院修士課程卒業後、大阪市立大学法科大学院にて法律を学ぶ。2009年弁護士登録(大阪弁護士会、現在まで)。2011年に同性パートナーの弁護士・吉田昌史と結婚式を挙げ、13年に同性愛者であることを公言する同性カップルの弁護士による弁護士事務所「なんもり法律事務所」を大阪・南森町に立ち上げる。一般の民事事件のほか、離婚・男女問題や無戸籍問題など家事事件を多く取り扱う。著書に『同性婚―私たち弁護士夫夫です』(祥伝社新書)、『僕たちのカラフルな毎日―弁護士夫夫の波瀾万丈奮闘記』(産業編集センター)がある。
大阪の下町で法律事務所を営む弁護士の男性カップルを追った、本人とパートナー出演のドキュメンタリー映画『愛と法』が話題。
・なんもり法律事務所
http://www.nanmori-law.jp/
・南和行のTwitter
https://twitter.com/minami_kazuyuki
・吉田昌史のTwitter
https://twitter.com/yossy_nan

週間ランキング 今読まれているホットな記事