よみタイ

南和行「離婚さんいらっしゃい」

夫が消した社内定期預金の行方

年子での出産と育児ノイローゼ

チキ子と夫は結婚してから、
会社の借り上げ社宅のマンションで二人暮らしを始めた。
夫婦二人にはぜいたくな2LDKで、
子供ができてもそのまま住めるほどの広さだった。

結婚が決まった時点で、
チキ子と夫はそれぞれ別の支店への異動が内示され、
しばらくは共働きとなった。

結婚して半年くらいでチキ子の妊娠がわかり、
できるだけ勤務を続けた後で産休に入った。

生まれたのは男の子だった。

育休を取った上で職場復帰をと思っていたが、
すぐに次の子を妊娠した。

育休に続けて次の産休をとも思ったが、
産休と育休を繰り返すことへの
風当たりが強いことは簡単に予想できたし、
それで夫が働きづらくなっても困るので、
チキ子は退職することにした。

もともと「こだわりがあって」信金を選んだのではない。

チキ子は専業主婦となった。

二人目は女の子だった。

しかしいわゆるワンオペ育児で、
一才児と〇才児を同時に育てるのは、
本当に大変だった。

身体のしんどさ、気持ちのプレッシャー、
やり場のない「閉じ込められた気持ち」、
その大変さは、定時で終わる会社で働く比ではなかった。

どちらかというとノンキ、
どちらかというと鈍感なチキ子でも、
どんどん心の余裕がなくなった。

家に帰ってきた夫が、
チキ子も知っている信金の同僚や上司たちのことを、
楽しそうに話すのを聞くだけで、
心がワサワサとなり、
持っているコップをシンクに投げつけたい衝動に駆られた。

子供用の食器がプラスチック製なのは、
母親が育児のストレスで投げつけても割れないように、
そんな工夫もあるんじゃないかとすら思った。

そんなときもチキ子が爆発せずにいられたのは、
母親のおかげだった。

大人一人ならバスと電車でたった三十分で行ける実家なのに、
赤ん坊を二人も連れて行くとなると、何かと手間がかかり
一時間以上にもなる。

しかもその一時間は、たくさんの舌打ちや、
邪魔なモノを見る周囲からの目線を一身に浴び、
とにかく一メートル前に進むために、
「すみません」「ごめんなさい」を、
念仏のように唱えるという道のりだった。

でも実家にたどり着けば、
母親は常に優しくチキ子を迎え入れてくれた。

チキ子の育児の疲れを包んでくれたし、
夫に対するイラだちもわかってくれた。

「お父さんはそんなことなかった?」

とチキ子が聞いたら母は大笑いした。

「お父さんはアナタの旦那さん以上に、
 育児のことなんてほったらかしだった。
 子供なんて勝手に育つんだろうって言われたことだってある」

と母は言った。

チキ子は驚いた。
お互いに思いやっているようにしか見えない、
父と母からは想像できなかった。

「私はもうそれを聞いて、こちらが折れることにしたの。
 その代わり、お父さんが稼いでいるお金を、
 私と子供のために使ってやるって」

そこから母親の節約が始まったそうだ。

母が父の給料で、貯蓄をし、家のローンを返し、
保険金の支払いと子供の学費をと回していたのは、
「私が産み育てた子供のため」と、
気持ちを切り替えたからだというのだ。

そしてコンビニのレジ打ちのパートに出て、
その給料から、日常生活費を支払うのは、
「今、お父さんと家族を、
 私が稼いだお金で食べさせている」
と実感したかったからだというのだ。

デキる主婦だと思っていた母が、
まさか、そんな屈折した気持ちを持っていたなんて、
とチキ子は驚いた。

「おかげでお父さんともギスギスしなくなったし、
 お金も貯まったし、
 子供たちもみんないい子に育ったし、
 結果オーライよ」
と母は、チキ子の子供たちをあやしながら言ってくれた。

1 2 3 4 5 6 7 8

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

南和行

みなみ・かずゆき●1976年大阪府生まれ。京都大学農学部、同大学院修士課程卒業後、大阪市立大学法科大学院にて法律を学ぶ。2009年弁護士登録(大阪弁護士会、現在まで)。2011年に同性パートナーの弁護士・吉田昌史と結婚式を挙げ、13年に同性愛者であることを公言する同性カップルの弁護士による弁護士事務所「なんもり法律事務所」を大阪・南森町に立ち上げる。一般の民事事件のほか、離婚・男女問題や無戸籍問題など家事事件を多く取り扱う。著書に『同性婚―私たち弁護士夫夫です』(祥伝社新書)、『僕たちのカラフルな毎日―弁護士夫夫の波瀾万丈奮闘記』(産業編集センター)がある。
大阪の下町で法律事務所を営む弁護士の男性カップルを追った、本人とパートナー出演のドキュメンタリー映画『愛と法』が話題。
・なんもり法律事務所
http://www.nanmori-law.jp/
・南和行のTwitter
https://twitter.com/minami_kazuyuki
・吉田昌史のTwitter
https://twitter.com/yossy_nan

週間ランキング 今読まれているホットな記事