よみタイ

「ペット2.0~ペットを見れば社会が見える~」
「手相占い」は知っていますよね?手のしわや指の長さなどを鑑定し、健康状態や本来の性格を知ることができるという占いです。これ、実は当てずっぽうではなく、収集した情報に基づく統計学なのです。

そして、手相を占えるのは人だけではありません。ペットは肉球を見ることで手相鑑定できるのです。今回は鑑定歴30年を超える手相の占い師の松岡百歩先生に、ペットの肉球占いについて聞いてきました。我が家の愛犬も鑑定してもらいましたよ!

なんとパンダまで!ペットにも手相がある!肉球でわかる性格、体調、飼い主との相性

手相占いは古代のインドで始まった「医術」

手相は古代のインドが発祥です。手は人体のあらゆるところにつながっていると考えられ、そのしわや色の状態を見ることで健康管理に役立つものとして手相の鑑定が始まりました。多くの人の手相を見ることで情報を集め、やがて性格や将来の予測もできるようになったそうです。だから「手相占い」はさまざまな情報をもとに鑑定する統計学といえます。

そもそも手相占いというのは、手のひらのしわを見るイメージでしたが、実際は手の形、手の厚み、指の形なども見ます。手相学は「利き手は自分が作り、反対の手は神が作った」と考えるため、通常は利き手を鑑定します。

ボールペンで書かれたどちらかの線があれば、動物や植物と話せる素質があるそう。筆者にはなくて残念
ボールペンで書かれたどちらかの線があれば、動物や植物と話せる素質があるそう。筆者にはなくて残念

松岡百歩先生に、さっそく筆者の手相を見てもらったところ……

「手の厚みが薄いので、繊細で人見知りするタイプです。中央の頭脳線を見ると、語学センスがあってライター向き。本当は外国語が得意のはずなので、これから習ってみてもいいと思います。頭脳線がこんもりして枝分かれしているのはアイデアが豊富で好奇心旺盛な傾向を表していますね。その一方優柔不断なところもあるでしょう」(松岡先生)

今の職業が向いているようで一安心!大雑把だと思っていたら繊細だったり優柔不断だったり…手相では意外な一面が見つかりそうです。

漢方薬となるクマを占うために中国で発展!?

人はともかく動物の手相も占えるなんて…と思いますよね。ところが松岡先生によれば、手相占いはクマの肉球を鑑定するために中国で発展したという説があるそうです。中国ではクマの手や肝臓などが漢方薬として用いられるため、より効果のあるクマを見分けるために手相が重宝されたのでしょう。

松岡先生は中国へ手相の勉強に行った際、パンダ保護施設でパンダの肉球も鑑定したそうです。パンダは漢字で「大熊猫」と書くクマ科ですね。ちなみに「やんちゃだから脱走に注意したほうがいい」と鑑定したパンダは、実際に脱走常習犯だったとか。

ペットの家族化で肉球占いの需要が増加

松岡先生が本格的に肉球占いを始めたのは2012年から。手相占いの依頼をしってきた人が偶然にも獣医師で、遊びでその人の愛犬の肉球を鑑定したところズバリ的中。「ペットの肉球占いができたら診察にも役立つ」と言われたことがきっかけで勉強を始めたそうです。

松岡先生の肉球占いノート。人の手相と同じく動物も手首(手根球)まで見る。
松岡先生の肉球占いノート。人の手相と同じく動物も手首(手根球)まで見る。

「ペットの家族化で肉球占いの依頼が増えて、今まで400匹以上の犬猫を見てきました。チンパンジーなどの霊長類は人の手相占いと同じ理論ですが、犬猫などのペットはそうはいきません。今は両前足の掌球を中心に鑑定していますが、研究を続ければ利き手や指の形などでさらにわかることが増えると思います」(松岡先生)

動物の利き手を見極めるのは難しいのですが、今までやったことのない動作をさせて判断するのも一案。たとえば、ペットの頭に薄い布をかぶせてどちらの前足で取るか10回繰り返して観察し、特に多いほうを利き手とします。他の方法もご家庭で考えてみてくださいね。ただし利き手がわからなくても松岡先生は鑑定できるのでご安心を!

1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

金子志緒

かねこ・しお●ライター・編集者/レコード会社と出版社を経てフリーランスになり、雑誌、書籍、Webの制作に携わる。主な取得資格は愛玩動物飼養管理士、防災士、いけばな草月流師範。甲斐犬のジュウザに続いてサウザーを迎え、おもしろおかしく暮らしている。
ブログ:www.shimashimaoffice.work

週間ランキング 今読まれているホットな記事