よみタイ

【中村憲剛×尾形貴弘対談 前編】最低の先輩だったパンサー尾形が「頑張ることこそカッコいい」と思えるようになった理由

サッカー、お笑い……異なるプロの道で互いに頑張る姿に刺激を受けていた

尾形 
一方、憲剛はテスト生から川崎フロンターレに入って、いきなり試合に出て、いいプレーしていた。(イビチャ・)オシムさんのときには日本代表になった。俺のなかで、憲剛がスゲエ輝いて見えた。もうサッカーのことも嫌いになっていたから、当時は憲剛を見るのも嫌だった。でもな、憲剛の頑張りを見ていて、気づいたのよ。憲剛って有名な高校のサッカー部から大学に来たわけじゃないし、いわば雑草じゃん。そんなヤツが一生懸命妥協せずに頑張ったら、日本代表になった。俺も憲剛みたいに、お笑いの世界で一切妥協せず、目の前のことを一生懸命にやろうって思ったのよ。お前を見て!

中村  
え、そうだったんですか……? それはうれしいです。

尾形 
芸人の仕事には、からいとか痛いとか怖いとかあるけど、もう何でも一生懸命に。絶対にあきらめない。俺は憲剛の影響を受けてきたんだよ。絶対に大学時代のような俺には戻らないぞって誓ったから。憲剛は俺みたいに人のせい、環境のせいにしないで、全部自分のせいにできる。まわりにどう思われようが、自分のやるべきことをやりたいようにやる。すごく学ばせてもらったよ。

中村 
尾形さん……、熱いっす(笑)。しゃべる隙を与えてくれない。

尾形 
熱くもなるって! 憲剛たちからしたらクソみたいな先輩なのに、俺は売れたいからって「中村憲剛の先輩だ」って言うわけだよ。実はあんまり話をしたことも、一緒に練習したこともないのに「憲剛は俺が育てた」くらいに盛ってたから! でもそれも憲剛は受け止めてくれたんだよな。「あの人にはなんの世話にもなってない」ってむかつかれてもおかしくないのに。

中村  
でも僕は僕で逆に尾形さんを見て、「スゲエ」って思っていましたよ。

尾形 
えっ、俺に? なんで?

中村  
卒業後は消息不明みたいなものだったじゃないですか。でもあるとき、テレビをつけたら尾形さんが出ていて。思わず目をこすりましたよ。「え? これ、あの尾形さん?」って。かつて、あれだけ怖かった人がいじられて笑われていて……、僕の知らない尾形さんがそこにいました。そこからパンサーを自分で調べて、きっと苦しい時期もあっただろうけどメチャメチャ頑張ったから、テレビに出られるまでになったんだなって理解しました。だって大学時代とは180度違う人間がテレビの中にいて、めちゃくちゃ頑張ってる。その姿に本当に感動したんですよ。

尾形
そんなこと言ってもらえるなんて思わなかった……。

中村 
だからパンサーがテレビに出るときはチェックしていて、尾形さんが汗をかきながら頑張っている姿を見ると「俺も頑張らなきゃ」と思っていたんです。

尾形 
いや、お前が頑張っているのを見て「俺も」って。

中村  
いやいや、「僕も」そうなんですって。

尾形 
うれしいよ! 今は俺、ダサいけど頑張ってんなって思われたいもん。頑張ることってカッコいいよ。努力することもカッコいいよ。今はマジでそう言える。

中村  
大学時代とは対極だ(笑)。

尾形 
今は生きてる感じするから!

中村  
さっきあまり売れていないときに「中村憲剛は俺が育てた」みたいな話をした、と言ってましたけど、むしろ大学時代の僕のこと記憶にあったんだと思ってましたよ。 

尾形 
全然あったよ。

中村  
名前を出されて別にむかつく気持ちもなかったし、たしか僕のほうからメールで「自分の名前を出してくれてありがとうございます」って送ったんですよね。

尾形
サンキューな憲剛。

中村  
その「サンキュー!」がサッカーから来ているのも知らなかったですよ。

尾形 
サッカーしていたら言うじゃん、チームメイトがいいプレーしたら「サンキュー!」って。大学のときも普通に練習で言ってたし。でも憲剛には言ったことないか。

中村  
あと「メンタル!」。メンタル弱かったのにって思いながら見てました(苦笑)。

尾形 
あれはな、自分に言い聞かせてんの。だからギャグでも何でもないんだけどさ。自分を奮い立たせるためにやってるものだから。実は「サンキュー!」も「メンタル!」もサッカーから来てんだよ。

中村  
僕もよく学生時代の尾形さんってどうでしたって聞かれるんですよ。当時は「サンキュー!」も「メンタル!」も聞いたことないし、尊敬できない先輩でしたとは言ってきました。でも一方で、その後の頑張っている姿を見てきているからすごいなと思っています、とも。世の中の多くの人はパンサーの尾形さんしか知らないだろうけど、僕は大学時代の尾形さんを見ているので、僕にしかわからないその期間の尾形さんの頑張りがあるんです。そこに現役時代から今も刺激をもらってきたので本当に感謝しているんです。

尾形 
感謝は俺のほうなんだよ。こういう機会でもないとちゃんと言えなかったから、憲剛に感謝の気持ちを伝えられて今日は本当に良かったよ。ありがとな。

中村  
先輩、そこも「サンキュー!」じゃないですか?

尾形 
サンキュー!!

後編に続く)

撮影後は、大学時代にはできなかったパス交換もすこし。
撮影後は、大学時代にはできなかったパス交換もすこし。

後編は7/23(土)午前9時配信予定です。お楽しみに! (取材時は感染対策を徹底し、撮影時のみマスクを外しています)

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

中村憲剛

なかむら・けんご●1980年10月31日生まれ、東京都出身。中央大学卒。
2003年、川崎フロンターレに入団。20年の引退まで同チーム一筋のレジェンド。Jリーグベストイレブン8回。16年にはMVPも受賞。日本代表国際Aマッチ68試合出場6得点。10年南アフリカW杯、出場。最新刊『ラストパス』は現在4刷で話題。
公式ブログ■中村憲剛オフィシャルブログ
公式ツイッター@kengo19801031
公式インスタグラムkengo19801031

尾形貴弘

おがた たかひろ/1977年4月27日生まれ、宮城県出身。
小学2年でサッカーを始めると各カテゴリーで県選抜に選ばれる。仙台育英高校を卒業後、中央大学文学部へ進学しサッカー部に所属。好きな選手はレドンド。
2008年、菅良太郎、向井慧とパンサーを結成。小ボケ、元気担当。
サッカー愛満載の「尾形スタジアム2022-23」がAmazonPrimeVideoにて無料配信中!
公式ツイッター@ogaogaoga399

週間ランキング 今読まれているホットな記事