よみタイ

MAQIMETRIX ~万城目学のエンタメ三昧な日々~

訪朝歴アリ! 作家・万城目学が観た『愛の不時着』 韓流ドラマにおける最強「壁」理論

 このような私のもとに、16年ぶりに現れたのが『愛の不時着』だった。
 何か変わったのかなあ、とぼんやりとした気持ちで見始めたが、すぐさま様子が異なることを察知する。
「男子、三日会わざれば刮目かつもくして見よ」
 と言うが、16年間会っていない韓流ドラマは驚くほどの進化を果たしていた。
 何といっても「壁」の設定のうまさである。
 日本ではいよいよ構築が難しくなっている「壁」に、いきなり問答無用のカードを切ってきた。
 そう、「北朝鮮」である。

『愛の不時着』は主人公の財閥令嬢であり、オリジナルブランドを立ち上げる敏腕経営者でもあるユン・セリが、パラグライダーの飛行中に誤って不時着した結果、うっかり北朝鮮に侵入してしまうところから物語は始まる。そして、第一発見者であり、その後も彼女を庇護する朝鮮人民軍のリ・ジョンヒョク中隊長と恋に落ちるのだ。
 当然、二人の間にはとてつもない「壁」が立ち塞がる。
 北朝鮮というあまりに巨大な存在が。

イメージ画像:写真AC
イメージ画像:写真AC

 第1話から天高くそびえ立つこの「壁」の立派さに、私はうなった。家どころの騒ぎではない。二人の恋路を邪魔する困難に、国家まで持ち出してきたのである。
 これまでも、同じ言語を使う同じ民族であるにもかかわらず、互いにまったく相容れぬ社会体制を敷く北朝鮮と韓国――、この二つの国を題材に、数多くのすぐれたストーリーが生み出されてきた。その多くが、国家のエゴに付き合わされた人々がときに憎しみ合い、ときに銃を突きつけ合う、シリアスな対立の物語に帰結しがちだったが、名作『JSA』のように、国境を超えて生まれた男同士の友情を描く物語もあった。しかし、国境を超えて、しかも北朝鮮サイドで恋愛を成就させようという物語はなかった。
 そんなの無理だろ。
 誰もがそう思ってきたはずだ。
 しかし、『愛の不時着』はそんなミッション・インポッシブルに果敢に挑戦した。およそ乗り越えられるとは思えない、北朝鮮という絶望的に強固な「壁」をど真ん中に置き、そこに「家」までからめてきた。片方ではなく、ユン・セリとリ・ジョンヒョク両方の陣営に、かなり深刻かつ複雑な家問題を押しこみ、しかも「過去の因縁」もちゃんと仕込んでいる。さすがに「難病」「記憶喪失」は登場しないが、韓流ドラマ好きの北朝鮮兵士に、
「南韓のドラマでは、主人公がしょっちゅう病気になって記憶喪失になる」
 といったことを言わせて、メタ構造からのくすぐりを入れるという、いたれりつくせりのつくりだ。
 これまでの韓流ドラマのエッセンスは守りつつ、最強の敵・北朝鮮を「壁」に設定するというストロングスタイルにもほどがあるこの『愛の不時着』の第1話を見終えた瞬間、私は確信した。
 このドラマは絶対におもしろい、と。

『ザ・万遊記』 集英社文庫 定価 520円+税
『ザ・万遊記』 集英社文庫 定価 520円+税

 余談であるが、以下は北朝鮮で私が実際に聞いた話である。
 北の人々は自分の国を「北朝鮮」と呼ばれることを嫌うらしい。現在は分断されてはいるが、本来はひとつの国であるという建前があるため、「北朝鮮」という名前の国は存在しないというロジックだ。確かに正式には「朝鮮民主主義人民共和国」であり、そこに「北」という文字はない。
 もっとも、『愛の不時着』のなかで、ユン・セリは北朝鮮にいても、「北朝鮮」という呼び方を用い、北朝鮮兵士はそれに怒ることなく、自らも「北朝鮮」という言葉を使っていた。私が現地で聞かされた話は、威勢のよいプロパガンダだったのか、それともそこまでドラマは気にしていなかったのか。

 これらの北朝鮮での体験記は、エッセイ集『ザ・万遊記』に「眉間にシワして、北朝鮮」(前編・後編)と題して、たっぷりと収録されているので、ぜひそちらをご覧ください。(注・文庫版にのみ収録 詳細はこちら

『愛の不時着』レビュー後編は9/24(木)公開予定です。お楽しみに!

1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

万城目学

まきめ・まなぶ
1976年大阪府出身。京都大学法学部卒業。化学繊維会社勤務を経て、2006年に『鴨川ホルモー』でデビュー。著書に小説『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』『偉大なる、しゅららぼん』『とっぴんぱらりの風太郎』『悟浄出立』『バベル九朔』『パーマネント神喜劇』、エッセイ『ザ・万歩計』『ザ・万遊記』『ザ・万字固め』『べらぼうくん』などがある。
10月19日スタートの日本テレビの深夜ドラマ「シンドラ」にて『バベル九朔』がSexy Zone菊池風磨主演でドラマ化予定。

撮影:ホンゴユウジ

週間ランキング 今読まれているホットな記事