よみタイ

群ようこ「今日は、これをしました」
物を減らす、無駄なことはしない、必要以上に買わない。
「しない。」生活のなかだからこそ、手に入れるもの、するべきことは
試行錯誤を繰り返し、日々吟味している群ようこ氏。
そんな著者の「しました、食べました、読みました、聴きました、着ました」
など、日常で「したこと」をめぐるエッセイです。


よみタイ好評連載の『いかがなものか』好評発売中!
書籍情報はこちらから!

三十数年ぶりに新聞をとる

今日は、これをしました 第13回

 久しぶりに新聞をとるようになった。三十数年ぶりになるだろうか。新聞の連載があったときは、掲載紙として送られてくるので、ニュースを知るにはやや遅くはなるとはいえ、それで済ませていた。連載が終わると当然、送られてこなくなるのだけれど、それでも私の生活には問題はなかった。
 新聞の勧誘の人が来ると、
「インターネットニュースで見るから、それで十分です」
 と断り続けていた。そのうち勧誘の人も来なくなったので、ニュースを知るのはインターネットが主で、他には仕事中に聴いているラジオか、一日、二時間程度観るテレビになった。
それで十分だと思っていたのだが、ラジオはともかく、最近のテレビのニュースでは、私が知りたいと思うような事実は放送されず、報道姿勢を信用できないと感じるようになり、それならば自分でインターネットで情報を探して、より真実に近いものを知ったほうがいいと考えたのだが、ネット上にはたくさんの情報があふれすぎていて、拾いきれなくなっている。また、インターネットで知るニュースは、自分がそのときに興味がある内容のものしか検索しないので、そのときに頭の中になく、興味がない事柄には触れなくなるのだ。
 世の中に起きている事柄すべてを知る必要などないし、そんなことはとてもじゃないけどできない。昔は一人で新聞を何紙もとっていて、それぞれの政治的志向や、内容を比較している人もいたが、私には無理だ。しかし自分が興味がある事柄だけを、検索し続けていると、相当、偏りそうだし、別のジャンルの事柄に触れる機会があってもいいのではないかと考えたのだった。

1 2 3 4 5

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

群ようこ

むれ・ようこ●1954年東京都生まれ。日本大学藝術学部卒業。広告会社などを経て、78年「本の雑誌社」入社。84年にエッセイ『午前零時の玄米パン』で作家としてデビューし、同年に専業作家となる。小説に『無印結婚物語』などの<無印>シリーズ、『散歩するネコ れんげ荘物語』『おたがいさま れんげ荘物語』などの<れんげ荘>シリーズ、『今日もお疲れさま パンとスープとネコ日和』などの<パンとスープとネコ日和>シリーズの他、『かもめ食堂』『また明日』、エッセイに『ゆるい生活』『欲と収納』『よれよれ肉体百科』『還暦着物日記』『この先には、何がある?』『じじばばのるつぼ』『きものが着たい』『たべる生活』『これで暮らす』『小福ときどき災難』、評伝に『贅沢貧乏のマリア』『妖精と妖怪のあいだ 評伝・平林たい子』など著書多数。

週間ランキング 今読まれているホットな記事