よみタイ

村井理子「犬と本とごはんがあれば 湖畔の読書時間」

実兄の孤独死についてふれた近著『兄の終い』が話題の村井理子さん。
『ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室』『ゼロからトースターを作ってみた結果』『黄金州の殺人鬼』ほか、話題作の翻訳も数多く手掛けています。
夫、双子の息子と琵琶湖のほとりに移り住んで15年。ラブラドール・レトリーバーのハリー君が途中から加わり、よりいっそう賑やかに。
古今東西の書物に精通する村井さんは、日々どんな本を読み、何を思い、どう暮らしているのでしょうか。
過去、現在、未来、家族、友人、食事、犬のこと等々……人気翻訳家が綴る縦横無尽のエピソード、そして、本の話。

●イベントのお知らせ●
6/19 13:00〜 村井理子さんと、三砂慶明さん(梅田 蔦屋書店 人文コンシェルジュ)のトークイベントが開催されます!
村井さんの新刊『本を読んだら散歩に行こう』が特典としてつくチケットも。
イベントの詳細やお申し込みは、梅田 蔦屋書店のサイトから↓
https://store.tsite.jp/umeda/event/shop/26812-1533590524.html

連載目次

  • 義両親と過ごす修行を経て戻った大好きな正月ー三が日の過ごし方の変遷に思うのは

  • 実兄よりも兄として慕った男性はいずこへ-誕生日のメールが途絶えた理由

  • 全ての事柄にちょうどよさを求める年齢ー寄る年波に抗わず、手を抜くのは……

  • 認知症進行中の義母の記憶に残る、菓子の味-嫁をデイサービスのスタッフと思い続けて

  • 川に身をゆだねた兄をめぐる記憶ー思い出はどこまで正確か

  • やる気スイッチを押した最恐物件ーサボりの天才が仕事に向かうきっかけは

  • 夫の両親に贈ったテレビの行く末ー最新家電を前に八十代は

  • 自分を暗い場所から引っぱり上げる術―やるべきことが多すぎて

  • 自分一人の世界を持ちたいと願う気持ち―受験、介護、仕事、家事の合間に求めるものは

  • 心臓を撃ち抜いた古い一枚の写真―障害のある叔父が怒った理由とは

  • 作文の苦手意識の深層―必死に書いています、どんな本も

  • 中学三年受験生の悩める母の夏―追いつめられているのはなぜか

  • 取り越し苦労の達人―落ちた自分を助けることが出来るのは

  • 兄の部屋の焼酎4リットルパックが伝えるメッセージ―アルコールと距離を置いていたのなら

  • 愛が、苦悩が、管理に変わる瞬間―自分を確立した十四歳のあの日を思いつつ

  • 47歳の世界に突然飛び込んできたもの—心臓病の手術を経験したあとで

  • 普通が一番幸せという言葉の重み-先が見えない閉塞感のなかで

  • 汚部屋片付け作業動画が伝えるもの—部屋と住人の数だけ事情がある

  • 夜な夜な眠りを妨げる過去の自分の発言-今夜も枕に顔をうずめて吐息をつく

  • 10回目の3月11日に愛犬の横で読んだもの—大切な人を亡くした経験のある人へ

  • 仕事のほとんどすべてがダメな時の緊急事態を救うもの-コミックは裏切らない

  • オーディオブックがもたらす想定外の効果-聴く物語が伝えてくれるのは

  • 喫茶店の娘が直面した30年前の愛憎劇—美味しいサンドイッチとコーヒーと

  • 長引く自粛生活のなかに始めた楽しみ—スランプは乗り越えられるか

  • 自分の言葉で書き残すことへの執着—なぜ人は文章を書くのか

  • 文字が見せてくれる唯一無二の瞬間—ささやかな暮らしと命の存在を確かめて

  • 迷路を彷徨する母の赤いハイヒール—40年前の夏、彼女は何を探したか

  • 料理への重すぎる思いから、20年を経ての解脱—皿の上に念を盛り付けない

  • 母の葬儀は、本人希望のレディースセット—家族葬への罪悪感はあるか、ないか

  • 長く陰鬱な季節の豪華な幸せ、鍋料理—秋冬の村井さんちの食卓は

  • 金色の目をした黒猫の残像—四十年後、迷い猫がやってきた

  • お弁当時間、女子中学生の憂鬱—おかずの彩りに憧れて

  • 本とともにやってきた初めての本気の恋 — 一冊が想いのバトンを繫いでいく

  • 義父母の介護体験、現在進行形―私は一度も娘であったことはなかった

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント
村井理子

翻訳家、エッセイスト。1970年静岡県生まれ。琵琶湖畔に、夫、双子の息子、ラブラドール・レトリーバーのハリーとともに暮らしながら、雑誌、ウェブ、新聞などに寄稿。主な連載に「村井さんちの生活」(新潮社「Webでも考える人」)、「犬(きみ)がいるから」(亜紀書房「あき地」)。主な著書に『兄の終い』『全員悪人』(CCCメディアハウス)、『犬ニモマケズ』『犬(きみ)がいるから』『ハリー、大きな幸せ』『家族』(亜紀書房)、『村井さんちの生活』(新潮社)、 『村井さんちのぎゅうぎゅう焼き』(KADOKAWA)、『ブッシュ妄言録』(二見書房)、『更年期障害だと思ってたら重病だった話』(中央公論新社)など。主な訳書に『サカナ・レッスン』『ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室』『ゼロからトースターを作ってみた結果』『人間をお休みしてヤギになってみた結果』『黄金州の殺人鬼』『メイドの手帖 最低賃金でトイレを掃除し「書くこと」で自らを救ったシングルマザーの物語』『エデュケーション 大学は私の人生を変えた』『捕食者 全米を震撼させた、待ち伏せする連続殺人鬼』など。
『エデュケーション 大学は私の人生を変えた』が、9月に文庫化予定!

ツイッター:@Riko_Murai
ブログ:https://rikomurai.com/

週間ランキング 今読まれているホットな記事