よみタイ

鈴木涼美「×××な男~酒と泪とオトコと美学」
○○○な女〜オンナはそれを我慢している」のアンサーソングともいうべき新連載は、気鋭の文筆家・鈴木涼美によるオンナ目線の男性論。とはいえ、ここで取り上げるのは現代を生きる「今」のオトコたちの生態事情。かつてはもてはやされた男性像が、かつては相手にもされなかった男性キャラが、令和の今、どんな進化・退化・変遷を遂げているのか? 冴え渡る涼美節・男性論に乞うご期待!

あえての根性論男〜「漢だねぇ〜」と言われたら落ち込んでほしい話

昨年から一気にボクシング連盟のイメージがついてしまったが、オトコ・なんちゃらなんていう呼称を使われる人種がたまにいる。
いました、うちの大学とか会社にも「オトコ・原田」とか「オトコ・駒場」とか。
若干いじってバカにしてる感もありつつ、男らしい性格だとか竹を割ったような決断力だとか黙ってサッポロビールだとか男根で夢を切り拓くだとか、そういったことへの賞賛として与えられる称号らしい。
しかし与えられる称号がただの性別ってどうなのよ。

称号というのは基本的に実績や実力に与えられるもの

例えばオトコ・駒場がそう呼ばれる所以は、彼が飽くなき女体への興味を糧に、果敢にセックスに挑戦するからだった。いかにもお高くとまっていて、彼に興味を示さない女をも、負けを承知で「おっぱい揉ませろ」とか「一回でいいから足舐めさせて」と口説き、海外旅行に行ったら必ず現地の女と少なくともBくらいまでは済ませ、どんなに忙しくても一週間に9回はオナニーをしていると豪語する。
で、マッチョで肌が浅黒く、キンタマが大きそうで精子が濃そうな顔をしている。男同士で話しているのを聞くと、決してベラベラ喋るタイプではないものの、全然関係ないところで硬派な下ネタで笑いをとったりする。ちなみに坊主で、なぜかその坊主を撫でると妊娠する、というまことしやかな都市伝説があった。

あるいはオトコ・原田は、とにかく首が太くて太ももが太くて、損をすることを恐れないというかちょっとバカというか、人の借金の連帯保証人になっちゃうようなところがある。かといってひたすら善良な雰囲気があるかというと真反対で、男気で金を出したり悪いガキをとっちめたりしているが、醸し出している雰囲気はどちらかというと邪悪な感じ。やはり精子は濃そうで言葉は少なく、男気で人に奢るわりには自動販売機を叩いて無料でジュースを飲もうとする。あと、ヒゲがめちゃくちゃ濃い。確か柔道をやっていたし、バキに出てきそうではあるけど、女にはモテない。

称号というのは基本的に実績や実力について与えられるもので、師範代とかポケモンマスターとか元祖なんちゃらとか秀才とかせめて美女とか、その単語だけで何かしら彼/彼女に関する情報が得られるのだけど、オトコというのはおそらくその人が男性であるという情報以外の何もお届けしていない。
要は、彼については賞賛の意味を込めて呼んでいる人ですら、暗に、チンコがついている以外に特記すべき特徴なし、ということを示しているので、大体そんな称号で呼ばれている人は、存在として濃くともあんまり役には立たないのだ。
だから件のボクシングの元会長も含めて、存在感はあるけど女にモテそうな雰囲気はなく、実際に男気なんていうものは、ロジックなしに散財したり、女に迎合しないという理由で甲斐性を放棄したりするので、旦那にする男に必要のない特性ナンバーワンでもある。

使い物にならない特性=男気
使い物にならない特性=男気

女の立場からすると、飲み会で上半身裸に無駄な筋肉自慢と全く同じレベルでいらないそんな特性は、ポケベルやPHSよろしく時代の流れで淘汰されるかと思いきや、わりとしっかり保存されている。一応例の元会長の自伝『男 山根』も買った人がいるわけですし。

それは、女性活躍の道がある程度示されても、専業主婦願望はもちろん消えないし、キャバ嬢的な活躍の方がいいという人は多いし、男に命令されるのが好きな人もいるし、私だってできれば富裕主婦になって男の稼いだ金で贅沢したいし、未だに仕事嫌になったら脱げばしばらくしのげるっしょと思っているし、別に人のことは言えない。大いに、男・山根を楽しんでくれたらいい。私もプリティ・ウーマンで楽しむから。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

鈴木涼美

すずき・すずみ●1983年東京都生まれ。作家、社会学者。慶應義塾大学環境情報学部を卒業後、東京大学大学院学際情報学府の修士課程修了。大学在学中からキャバクラ嬢として働きだし、20歳でAVデビュー、出演作は80本以上に及ぶ。2009年から日本経済新聞社に勤め、記者となるが、2014年に自主退職。女性、恋愛、セックスに関するエッセイやコラムを多数執筆。
公式Twitter → https://twitter.com/suzumixxx

週間ランキング 今読まれているホットな記事