よみタイ

エディターTが「飯テロ」にやられた! 「ギョーカイ総受けグルメ」 2020年に絶対行きたい5店

日本酒を極めたい! 「animism bar 鎮守の森」

★写真クリックで連載ページへリンク
★写真クリックで連載ページへリンク

「おいしいものが好き」と公言するからには、食べるだけでなく、飲み物や器とのペアリングも極めたいもの。常々そんな思いを抱いている私が、これは行かねば! と思ったのが「animism bar 鎮守の森」。

もともとは会員制で看板もなかったという同店。まさに知る人ぞ知る日本酒の聖地です。ここで、日本酒の匠、竹口店長によるペアリングのアドバイスをぜひ受けてみたい!

私は日本酒が好きですが、友人(特に女性)の中には、「日本酒は強すぎる」とか「おじさんくさい」とか、苦手意識のある人も少なくありません。いつも「おいしさをうまく伝えられたらいいのに!」と思っていました。

2020年は「animism bar 鎮守の森」で、日本酒の新しい楽しみ方を発見したいと思います! 食の扉がまたひとつ開きそうな予感にわくわくします。

全メニュー制覇したい! 「フジコミュニケーション」

★写真クリックで連載ページへリンク
★写真クリックで連載ページへリンク

最後は、台湾料理店の「フジコミュニケーション」。実は、このお店には、2020年を待ちきれず、さっそく行ってきてしまいました! 

「フジコミュニケーション」という、飲食店っぽくない店名からして、いかにも「ギョーカイ人が愛する穴場店」ムードがぷんぷんで、「よみタイ」に掲載されたその日から、気になって気になって仕方がなかったのです。

お店のドアを開けた瞬間に、八角(台湾の香辛料)の香りに迎えられ、本当に台湾の夜市にやってきたような気分に! 

一緒に訪れた台湾フード好きな仕事仲間と「どれ食べる~?」と言いながら、台湾語で書かれたオーダーシートに番号を書いて注文したり、飲み物は台湾ビールなどが並ぶ冷蔵庫から自分で取ってきたり、食べる前からとにかく楽しくてたまりません。

綾子さんおすすめのどでかい唐揚げ「台湾夜市風 大鶏唐揚」が運ばれてくると、スマホ片手にテンションマックス! タピオカ粉の衣をサクッとかじると、口の中に鶏の肉汁がじゅわりと広がり、やみつきになる味です。2020年はリピーターになり、全メニューを制覇したいと思っています!

「飯テロ」5選、いかがでしたでしょうか? おすすめメニューはもちろんのこと、一皿の背景にあるストーリーも伝えてくれる「綾子のギョーカイ総受けグルメ手帖」を頼りに、2020年もおいしい1年にしていきましょう!

連載目次はこちらからどうぞ!
連載目次はこちらからどうぞ!
1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Facebookアカウント
  • よみタイX公式アカウント

週間ランキング 今読まれているホットな記事