よみタイ

不倫して離婚した男が受け取った元妻からのまさかのアドバイス 「よみタイ」週間ランキングTOP5【5月1日〜5月7日】

【4位】自宅で最期を迎えたい末期がんの父と家族を想う長女の本音 「第9話 選べる道 選べない道」/「いのちの教室」(明)

『漫画家しながらツアーナースしています。』シリーズで知られる明さんが描く「いのちの教室」。
漫画家やツアーナースになる以前、病棟看護師としての経験の中から考えた死生観を、独自の視点で描くヒューマンエッセイです。

「泣ける」「考えさせられる」など、命に向き合うひたむきな姿が毎回感動を呼んでいる本連載ですが、特に大きな反響があったのが「自宅で最期を迎えたい末期がんの父と家族を想う長女の本音 『第9話 選べる道 選べない道』」(4月10日配信)。
末期がん患者の「深浦さん」と、その家族のエピソードです。

深浦さんは働き盛りの42歳。一家の大黒柱として懸命に働いてきましたが、がんになり、とうとう余命数ヶ月と宣告を受けます。
家族のために働いてきた自負があるからこそ、最期は自宅で家族に見守られながら過ごしたいと望む深浦さんですが、中学生の長女がこれを拒否。
長女の視点では、深浦さんは、仕事ばかりで家族が大変な時に家庭を顧みなかった父親として映っていました。さらに、父の代わりに家計を担う母、高齢で成人男性の介護は担えない祖母、まだ幼い妹たち……。父親を大切に思う気持ちはあっても、現実として家族で介護と看取りができる状況ではなかったのです。
帰宅を歓迎されなかった深浦さんは「家族に見捨てられた」と嘆きますが……。

読者からは「涙なしでは読めない」「きれいごとでは済まない難しい問題」「父の最期と重なった」など様々な感想が寄せられています。

1 2 3 4 5

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

週間ランキング 今読まれているホットな記事