よみタイ

バブル崩壊、どこ吹く風。吉岡美穂など伝説のカリスマ・クイーンたちが明かす、2000年代“第二次黄金期”とは!?

バブル崩壊、どこ吹く風。吉岡美穂など伝説のカリスマ・クイーンたちが明かす、2000年代“第二次黄金期”とは!?

03年、全日本GT選手権(当時)でサーキットに立つ、菅谷はつ乃さん。この衣装一式は、彼女のデザインによるもの。今現在のレースクイーンコスチュームと比べてもまったく遜色のないクールなもの。 (写真提供/菅谷はつ乃さん)菅谷さんの公式ブログは■https://ameblo.jp/hatsuhatsu/ 公式HPは■https://beamie.jp/
03年、全日本GT選手権(当時)でサーキットに立つ、菅谷はつ乃さん。この衣装一式は、彼女のデザインによるもの。今現在のレースクイーンコスチュームと比べてもまったく遜色のないクールなもの。 (写真提供/菅谷はつ乃さん)菅谷さんの公式ブログは■https://ameblo.jp/hatsuhatsu/ 公式HPは■https://beamie.jp/

カリスマ・クイーンが明かす、00年代の衣装&コミュニケーションツール秘話

00年代初め、“第二次黄金期”を築き上げた功労者は誰だったか? という問いに対して、必ず名前が挙げられる伝説的レースクイーンがもうひとりいる。菅谷はつ乃さんが、そうだ。

96年、レースクイーンを務める地元の先輩に「私の現場サポートをやってほしい」と、声をかけられ、国内有数のサーキットである栃木県のツインリンクもてぎへ。多くの観客、颯爽と立つレースクイーンなど、きらびやかな光景を目の当たりにしたことで、自身もサーキットの華となる道へ進んだ。

「初めて合格したのは、99年の全日本GT選手権での『チームNISMO』でした。先輩にくっついて見ていた90年代後半のサーキットは、ファンとの距離がまだ遠くて、ガードが固かったんです。ロープが張られて、近距離で接するのは許されなかった。でも、99年頃から、全日本GT選手権では状況が変わったんですね。ある人気のレースクイーンに“親衛隊”ができて、彼女がフレンドリーに彼らと交流することで、現在のようなファンとの近しい関係が始まったと言われています」

今でこそ、レースクイーンとファンとの距離はSNSを通じて、緊密になった。が、フェイスブックやツイッターの日本語版サービス開始が08年、さらにさかのぼって、アメーバブログが04年スタートであることを鑑みれば、00年代初めのコミュニケーションツールはどのようなものだったのか。再び、菅谷さんの話。

「ファンとのやりとりができる唯一の手段は、パソコンのホームページだったんですよ。熱心なファンが立ち上げてくれるわけです。レースクイーンの間では、自分のHPを作ってもらえたら一人前という認識でした。それから20年弱で、今のように進化するわけですから、この先ってどうなるんですかね。ちょっと興味があります」

コミュニケーションツールのほかに、00年代の特徴を菅谷さんはこう指摘する。

「やっぱり、コスチュームの変更ですよね。99年の時点で、ハイレグ水着をまだ採用していたレーシングチームもあったんです。たしか、『PIAA NAKAJIMA RACING』でしたね。でも、00年あたりからどのチームもへそ出し、ミニスカートのセパレートタイプに変わったんですよ。大きな理由としては……そのころハイレグ水着を着たレースクイーンへの盗撮が問題視されていて。品のないセクシャルな部分だけがクローズアップされることへの対抗策だと聞きました」

ちなみに、菅谷さんは02年、全日本GT選手権に参戦したチーム『SP AIR Team国光with MOON CRAFT』でレースクイーンを務めた際、自身でデザインを手掛けたコスチュームを着用。これは、当時も今も非常に珍しいケースだ。

「最初に見せてもらったデザインに、ちょっと違和感があって。だったら、自分で作らせてほしいと。すんなり、通ってしまったんです(笑)。今は華やかで凝ったデザインが多いですよね。可愛いコスチュームを着て、人前に立ちたいっていうのは、レースクイーン志望者が絶えない理由のひとつなのかなって感じます」

05年、全日本GT選手権は出走参加台数の増加、レースの国際化に伴い、SUPER GTに名称を変更。日本で最もメジャーなカーレースとなっていく。それと歩調を合わせるように、
レースクイーンも活気づき、ファンとのコミュニケーションはいっそう密接になった。

だが、至近距離で交流できる女神として、ひとり勝ちはできなかった。

2010年代、AKB48を主軸とした“身近なアイドルグループ”の台頭により、レースクイーンは新たな方向性を模索しなくてはならなかった。

第5回に続く)

次回は、アイドルグループ戦国時代に突入した2010年代、それでも、レースクイーンという職業を選択して奮闘した、当時のトップレースクイーンたちと関係者の証言をリポート予定です。お楽しみに!

バナー写真提供/GALSPARADISE

連載第1回はこちらから

1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

高橋史門

たかはし・しもん●エディター&ライター。1972年、福島県生まれ。日本大学在学中に、「思想の科学」にてコラムを書きはじめる。卒業後、「Boon」(祥伝社)や「relax」、「POPEYE」(マガジンハウス)などでエディター兼スタイリストとして活動。1990年代のヴィンテージブームを手掛ける。2003年より、「週刊プレイボーイ」や「週刊ヤングジャンプ」のグラビア編集、サッカー専門誌のライターに。現在は、編集記者のかたわら、タレントの育成や俳優の仕事も展開中。主な著作に「松井大輔 D-VISIONS」(集英社)、「井関かおりSTYLE BOOK~5年先まで役立つ着まわし~」(エムオンエンタテインメント※企画・プロデュース)などがある。

週間ランキング 今読まれているホットな記事