よみタイ

セクハラ被害、地方移住、シングルマザー…女性の生き様を描いた作品に反響「よみタイ」週間ランキングTOP5【1月23日〜1月29日】

【2位】「手かざし」すれば薬は不要? 苦しみ続けた僕が選んだ生き方/「『神様』のいる家で育ちました〜宗教2世な私たち〜」(菊池真理子)

「『神様』のいる家で育ちました〜宗教2世な私たち〜」は、漫画家・菊池真理子さんが、親が信仰する宗教の教えを強制されてきた「宗教2世」への取材をもとに描くコミック連載です。
教えにもとづく独特な生活、信仰が前提条件となる親子関係、集団生活の中での葛藤……。
宗教2世として成長する中で、どのような苦悩があったのか、大人になってどのような人生を歩んでいるのか、自分自身の生き方を模索していく姿が描かれます。

連載第2話「『手かざし』すれば薬は不要? 苦しみ続けた僕が選んだ生き方」(10月28日配信)が2位にランクイン。過去回を読み直す読者が多かったようで、約3か月ぶりのリバイバルヒットとなりました。

この回は、母親が信じる宗教の教えによって「薬に頼るのはよくないこと」と育てられた男性のお話です。
男性は幼い頃からアトピー性皮膚炎や喘息を患ってきましたが、母親の信仰心によって薬の使用が制限され、苦しんできました。しかも、宗教関係者からは「アトピーの人は前世で人を焼き殺した」と教えられて……。

読者からは、「信仰は自由だけど親は子供への影響を考えてほしい」「自分もアトピーで苦しんでいるからこの母親は許せない」「宗教に限らず自分が正しいと思うことへの向き合い方を考えさせられる」など様々な声が寄せられ、大きな反響を呼びました。

1 2 3 4 5

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

週間ランキング 今読まれているホットな記事