よみタイ

オギリマサホ「スポーツ界イケてる顔面図鑑」
広島カープを、プロ野球を、いやいやスポーツ界をこよなく愛するイラストレーター、オギリマサホ。その愛ゆえか、職業柄か、なんだか気になる、なんとも魅かれる、スポーツ選手たちの顔、顔、顔……見渡せばスポーツ界にはイケてる顔面が大豊作。愛すべきその面々、ちょっと斜め下から分析しちゃいます!

メイクを武器に100度目の表彰台を目指してほしい~高梨沙羅(スキージャンプ)

1996年生まれの高梨沙羅は小学2年生からアルペンスキーでジャンプを始め、あれよあれよという間に頭角を現し、あっという間に日本の女子スキージャンプ界を代表する選手となった。FIS(国際スキー連盟)公認の大会で、女子最年少優勝を遂げたときは、14歳の中学2年生。
まだあどけないとも言えたその面差しは、当然のごとくその成長とともに、そしてそのジャンプの実力とともに、変化と進化を遂げ、いまや23歳の年齢にふさわしい大人の魅力にあふれている。20歳ぐらいから、身だしなみとしてフルメイクで競技に臨むようになり、そのキレイっぷりも注目されるように。

どうしても廃止してほしいことがある。

なにか事件が起こった際、ワイドショーで被害者や容疑者の中学時代の卒業アルバム写真を使う、あれをやめてもらいたいのだ。
当人の現在の写真が入手できなかったマスコミが、同級生に片っ端から連絡を取って提供してもらったのだろう、ということは理解できる。しかしそこまでして当人の写真を入手する必要があるだろうか。
私は万が一に備え、周囲の人間に「なにか事が起こった際には、速やかに現在の顔写真を提供するように」と言付けておいている。
「化粧もせず、あか抜けない中学時代の顔」を、いま万人の前にさらけ出す勇気は、私にはない。

思うに、中学時代の卒業アルバムの写真をのちに堂々と披露できる大人、特に女性は、この世のたった一握りの、もともと目鼻立ちの整った美人なのではないだろうか。
一方、中学時代の私は、姉の友人から「中日ドラゴンズの山本昌広(現・山本昌)投手に似ているね」と言われるような顔であった。
断っておくが、山本昌は格好いい。
しかし山本昌似の女子中学生は、通りすがりの男子高校生から「ブース!」と罵られて傷付くような日々を送っていた。

そんな私に一筋の光明が差し込んだきっかけが、大学に入ってから始めた化粧だった。
ノーズシャドウを入れれば、平坦だった眉間に彫りが生まれる。
アイラインを目尻に引けば、一重まぶたも「切れ長な目」になる。
当初は、これまで「ブス」と罵ってきた周囲を見返すような気持ちで化粧を続けていたが、「綺麗になること」は次第に自分への自信にもつながっていった。
化粧はいつしか、自分自身が「こうありたい自分」であるための武器になっていったのである。

前置きが長くなった。
スキージャンプ選手、高梨沙羅の話をしたいと思う。

高梨が全国的に注目されたのは2011年2月、オーストリア・ラムサウで行われたコンチネンタルカップで、FIS(国際スキー連盟)公認の大会で女子最年少優勝を果たしたあたりだっただろうか。
この時、高梨は14歳の中学2年生。純朴な丸顔と、あどけない笑顔が印象的だった。
 

1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

オギリマサホ

1976年東京都出身。イラストレーターとしてシュールな人物画を中心に雑誌や書籍などで活躍。中学1年までは巨人ファンだったのが、中2のときに投手王国・広島カープに魅せられ、広島ファンに転向。そのカープ愛が炸裂するイラストエッセイ『斜め下からカープ論』を刊行。野球のみならず、広くスポーツ界を愛している。
Twitter@ogirim

週間ランキング 今読まれているホットな記事