よみタイ

MBのお仕事クロニクル~僕はこんなもので出来ている
「MB? ユニクロの人だよね?」「なんかTwitterとかだと別人格じゃね?」「最近テレビ、始まったよね」……
各メディアで縦横無尽に活躍し、ベストセラー書籍に、ヒットコラボも連発する、ブロガーにして実業家のMBさん。だけど意外と知られていないのがその実態。新潟出身の服バカ男子は、いったいどうやって「MB」となっていったのか?

ファッション以外でのビジネスセミナーや悩み相談もおこなっているMBさん。
そこでしばしば出会うのが、行動を起こす前に、形から入る人、動き方を聞いてくる人、情報ばかり集める人……
でも、それって理想に近づいているようでそうではない、という落とし穴なんです。

ギターのFコードを弾くためにはまず教則本を買う?〜 努力を嫌って逃げ道を探す正解主義的思考の罠

ギターのFコードは反復すれば誰でも弾けるようになる

「Fコードが弾けずにギターを挫折した」……

という人は案外多いんじゃないでしょうか。

若い頃ミュージシャンに憧れて格安ギターを購入し、最初はテンション上がって色々試していたけれど……曲を演奏するうちに「Fコードの壁」が立ち塞がり、練習する気が徐々になくなり、タンスの肥やしになってしまった……心あたりある人多いでしょ?

「Fコード」とは人差し指全体を使って1弦から6弦まで押さえる「バレーコード」のこと。
ギター初心者が最初にあたる壁として有名です。

Fコードをクリアするため「Fコードの弾き方」を調べたり、「これであなたもコード弾きが出来る!」なんて教則本を買ったり、「初心者ギター教室」に体験入学したり……色々試した人も多いでしょう。
しかしFコードを弾くために必要な技術など実はありません。
やるべきことは実に簡単、それは「Fコードを1000回練習すること」です。
1000回Fコードを繰り返し練習していけば、およそ誰でも押さえて音が出るようにはなります。次にコードチェンジでCからFに切り替えるなどの練習も必要ですが、それも技術なんてない。
繰り返し練習すれば誰でもクリアできます。

この世にFコードが弾けない人なんておよそほぼいません。指が自由に動く人であるならば反復練習で誰でも弾けます。教則本を買う必要なんてありません。ましてや「俺は生まれつき指が短いみたいなんだよね」と言い訳をつける必要もありません。手の小さい女性でもFコードは弾けますので。

「反復すれば誰でも弾けるようになる」

さも簡単なことなのに、何故多くの人が壁にぶつかり挫折し、せっかく買ったギターをハードオフに出してしまうのか?

それは私たちが思う以上に私たちは「努力嫌い」だからです。

何故練習すればいいだけの話なのに、教則本を探してしまうのか
何故繰り返せば上達するのに、YouTubeで練習方法を検索してしまうのか

それは「努力をなるべく避けたいから」に他なりません。

最短ルートでより簡単により早くFコードに到達したいため、様々な逃げ道を考えて探します。
でも結局、楽器演奏は身体的な動作でもあるので、反復し、練習し、時間と労力を使う他ないのです。
逃げ道を探す時間があったらそこを反復に使った方がずっと賢い。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

MB

エムビー●誰もが理解できる「オシャレの教科書KnowerMag」を運営。視覚効果や印象論などをベースにしたロジカルなファッション指南が好評を博す。「最速でおしゃれに見せる方法」「ほぼユニクロで男のおしゃれはうまくいく」などメンズファッション書籍の多数のベストセラー他、漫画「服を着るならこんなふうに」の監修含め、関連書籍は累計100万部を突破。月額500円のメールマガジンは個人配信では日本1位を記録、月額5千円のオンラインサロン「MBラボ」も常に満員御礼状態に。自身のブランド「MB」発のオリジナルアイテム、大手ブランドとのコラボアイテムも爆発的な売上を記録している。
よみタイ連載をまとめたビジネス書「もっと幸せに働こう」は紙版・電子版ともに多くの支持を集めている。

公式サイトhttp://www.neqwsnet-japan.info/

Twitter https://twitter.com/MBKnowerMag

公式YouTube MBチャンネル

週間ランキング 今読まれているホットな記事