よみタイ

酒井順子「言葉のあとさき」

「You」に胸キュン

 ……そんなことを考えると、私は日本語における「You」の不在を痛感します。高村智恵子は「東京に空が無い」と嘆いたそうですが、私はいつも、「日本語にYouが無い」ことに頭を抱えているのです。英語における「You」でも中国語における「你」でもいいのですが、とにかく誰に対しても何も考えずに語りかけることができる万能な二人称が、日本語には存在しない、と。
 文語では便利な「君」「あなた」も、口語で使用すると、少し偉そう。「おまえ」は前述のように上からの言葉ですし、「あんた」はスケバンみたいだし、「そなた」では時代劇、「貴様」は漢字には敬意がこもっているようでも響きは乱暴で、今にも制裁されそう……。
 日本には山のように二人称があるけれど、どれも相手が自分より上か下かを判断した上で、シーンに合わせて使用しなくてはなりません。人の序列をはっきりしなくては全てのコミュニケーションが動きださない儒教の影響が残っているからこそ、「You」的な言葉は口語として発生しなかったのではないか。
 You無き日本において、私たちが他者をどう呼んでいるかといえば、多くの場合は名前が使用されています。しかしここでも、「さん」づけか「ちゃん」づけか呼び捨てか……等、相手と自分の関係によって呼び方は様々に変化し、瞬時に考えて選択しなくてはならないのです。
 人の名前を覚えることが得意ではない私は、「顔は知っているが名前が出てこない」という相手と話さなくてはならない時、特に激しく「You」を欲するのでした。相手の名を呼ばなくてもいいように懸命に会話を組み立てつつ、ああ日本語に「You」が存在したならばどんなに解放されるだろう、と思う。
 我々はまた、膨大な種類の一人称も持っていますが、こちらはそれほど困惑することはありません。「おいら」「あたい」でウケを狙うこともできますが、男女ともに「わたし」と言っておけば、たいていの場をやり過ごすことはできるのですから。
 しかし二人称となると、どうしても相手と自分との位置関係を瞬時にチェックせざるを得ない我々。長い歴史の中でどうしても「You」的な言葉を生み出すことができなかった部分に、日本社会のあり方が表れていましょう。
 故ジャニー喜多川さんは、
「You、やっちゃいなよ」
 などと言っていたそうですが、その気持ちがわかる気がする私。アメリカで育ったジャニーさんは、日本語における「You」の不在に困惑して、英語の「You」をそのまま、日本語の中に移植したのではないでしょうか。
 いっそ、「You」を日本語と認めてはくれないものかと思う私。そうすれば、見知らぬ人とも、
「Youのお名前は?」
などと会話することができますし、久しぶりの人の名前が思い出せなくても、
「You、元気?」
 と言うことができる。相手が大勢であっても、
「You、元気?」
 のままで事足りるのもまた、便利なところです。
 男女の関係においても、「You」がそもそも日本に存在していれば、「おまえ」に発情しなくても済んだのかも。そして「You」が存在したならば、いわゆる「おたく」の人々は「おたく」と呼ばれなかったのだろうなぁ……。
 「You」の導入は人と人との距離を縮め、日本社会の活性化にも役立つのではないか。……と思うのですが、しかし名詞や形容詞ならともかくとして、この分野に外来語を導入するのは難しそう。ジャニーさんにはもっと長生きして、ジャニー語を広めていただきたかったものよ、と思います。

 

1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

酒井順子

さかい・じゅんこ●1966年東京生まれ。高校在学中から雑誌にコラムを発表。立教大学社会学部観光学科卒業後、広告会社勤務を経て執筆専業となる。
2004年『負け犬の遠吠え』で婦人公論文芸賞、講談社エッセイ賞をダブル受賞。
著書に『下に見る人』『ユーミンの罪』『地震と独身』『裏が、幸せ。』『子の無い人生』『百年の女「婦人公論」が見た大正、昭和、平成』『駄目な世代』『次の人、どうぞ!』『男尊女子』『家族終了』『ガラスの50代』『処女の道程』『鉄道無常 内田百閒と宮脇俊三を読む』など多数。

週間ランキング 今読まれているホットな記事