よみタイ

酒井順子「言葉のあとさき」

「ウケ」たくて。

 そんな中で政治家もまた、ウケとは無縁でいられなくなりました。政治家の場合は、笑いを取るという意味での「ウケ」というよりも、選挙民や国民に、自身の話を「受け」入れてもらうという意味での「ウケ」が大切。政治的な手腕を発揮するだけでは、大衆の人気を得ることはできないとの認識が深まったのでしょう。
 しかし政治家にとってウケ狙いは、危険な行為。それというのも政治家の失言のほとんどは、ウケを取るために言ったはいいけれど目測を誤った結果、のような気がするからなのです。
 お笑い芸人は、ウケが取れないことを「滑る」と表現します。滑って転ぶことによって、彼らは精神的な痛みを感じることになる。
 対して政治家がウケを取ることに失敗すると、「滑る」どころでは収まらなくなります。ウケを狙ってギリギリの一線を越えた発言をすると、
「は?」
 と思った人々は、「受け」ずに「引く」。ミュージシャンがライブにおいて観客の中にダイブしたら、出エジプト時のモーセ並みに波が引いて地面に落ちました、的な結果になるのです。
 政治家の発言はまた、「言う場所を間違える」ことによっても、失言化します。私がこの文章を書いている時点では、森喜朗氏による、
「女性がたくさん入っている会議は時間がかかる」
 との発言が世界的にホットな話題となっていますが、男だけの飲み会の席であれば、
「……ったく、会議で女が多いと時間がかかってしょうがねぇよ」
「アッハッハ、本当ですよね森さん」
「会議のメンバーに女を入れろってうるさいけど、こっちの迷惑も考えろって」
「アッハッハ、本当ですよね森さん」
 と、話を「受け」入れてもらうことのみならず、笑いを取ることもできるでしょう。差別的な話題は、プライベートな場ではぶっちゃけトークとして喜ばれたりもするのです。
 もちろん森氏は、差別は悪だと知っていましょうが、プライベートな場における「ウケ」は、「差別はいけない」との事実を忘れさせます。女性差別は悪いことだが、「女は話が長い」と言うとウケるので、それは単なる事実であって差別ではない、と思ってしまうのではないか。

1 2 3 4 5

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

酒井順子

さかい・じゅんこ●1966年東京生まれ。高校在学中から雑誌にコラムを発表。立教大学社会学部観光学科卒業後、広告会社勤務を経て執筆専業となる。
2004年『負け犬の遠吠え』で婦人公論文芸賞、講談社エッセイ賞をダブル受賞。
著書に『下に見る人』『ユーミンの罪』『地震と独身』『裏が、幸せ。』『子の無い人生』『百年の女「婦人公論」が見た大正、昭和、平成』『駄目な世代』『次の人、どうぞ!』『男尊女子』『家族終了』『ガラスの50代』『処女の道程』『鉄道無常 内田百閒と宮脇俊三を読む』など多数。

週間ランキング 今読まれているホットな記事