よみタイ

不良夫婦
あなたは「結婚」という制度に疑問を感じたことはないだろうか。

連日メディアを騒がせる不倫ゴシップは氷山の一角。女性の社会進出、SNSや出会い系アプリの普及……結婚制度が定められた120年以上前とは、社会も価値観も何もかも違っているのだ。

これは時代にそぐわぬ結婚制度の抜け穴を探し始めた、とある夫婦の物語。

仮面夫婦状態の櫻井夫婦。妻・麻美は夫の浮気を確信したタイミングで、結婚前に心惹かれていた男・晋也と一線を超え関係を深めていく。さらにエステサロンの起業を決意し、その資金1,000万円を康介に援助させることに成功したのだった――

前話はこちら、全話一覧はこちら

(隔週土曜で更新予定です)

「子どもは作らないんですか?」 妻を襲うSNSの刃に、“ママ”との格差…逃れられない女の苦しみ(第15話 妻:麻美)

仕事も恋人も手に入れた。貪欲な妻の情事

慌ただしい日々の合間を縫って、麻布十番の彼の部屋に忍び込むのはすでに麻美の日常となっている。

「ねぇ、見て」

胸元までシーツを引き寄せると、床に転がり落ちたスマホを拾い上げ、晋也にその画面を見せた。

そこにはデザイナーから送られてきたエステサロンの内装のイメージ画像が並んでいる。

「うわ、すっごいオシャレじゃん。麻美って経営の才能まであるのか」

麻美の身体を組み伏せるように上半身を起こした晋也が素直な反応を見せると、胸に満足感が広がる。

康介から1,000万円援助させたとはいえ、決して潤沢とは言えない予算で短期間で必死に作り上げたデザイン。最近流行りのシンプルでスタイリッシュなものではなく、以前パリで訪れた5つ星ホテルのラウンジのような、モダンなロココ調をイメージした。

完成まで急げば2ヶ月ほど。他の諸々の準備も猛スピードで進めるつもりだ。そして必ず、理想の店を手に入れる。

「こんなに美人で、自分の店まで持って……麻美に憧れてる女って、ものすごい数がいるんだろうな」

晋也が身体に覆いかぶさる。そして彼は少し冷めたような視線で麻美を見下ろして言った。

たしかに最近、麻美のインスタグラムのフォロワー数は勢いを増してますます伸びている。エステサロン開業の情報解禁をすると多くの反応があったし、女性誌の編集者からも取材をしたいとの連絡があった。晋也が言うように、なぜだか今、自分は世間の注目を浴びやすい立ち位置にいるのだと思う。

「……麻美のこと犯したいと思ってる男も多いだろうな……こんなにヤバい不良妻とは知らずに」

すると晋也は突然、麻美の両手首を強く抑えつけた。スマホが手から滑り落ちる。

「でも、麻美は俺のものだよな?それとも実は旦那ともこんなことしてるの?」

近頃、晋也はベッドの上で少々荒々しく麻美を扱うことがある。けれど普段は女の下手に出るタイプの男がこうした一面を見せるのが、麻美は嫌いではない。

少なくとも、夫の康介にはとてもできない芸当だ。

「……こんなこと、晋也くんとしかしません」

彼に合わせて恥じらいながらそう答えれば、あとは身を任せるだけ。

じゃあずっとここにいなよ、と言う晋也の低い声が甘く全身に広がった。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

山本理沙

やまもと・りさ●84年 東京都生まれ。日本女子大学文学部卒卒業後、外資系航空会社客室乗務員、金融機関・コンサルティングファームの秘書業務を経てフリーランスへ。
2015年〜2019年に東京カレンダーWEBにて『東京婚活事情』『結婚願望のない男』『東京ホテル・ストーリー』など多数執筆したのち、2020年10月講談社文庫より初書籍『不機嫌な婚活』を出版。よみタイで好評連載中の漫画『恋と友情のあいだで』(里奈Ver.)共著原作者。『不良夫婦』では(妻side)を執筆。

Instagram●Lisa_fluffy
Twitter●山本理沙/WEB作家




安本由佳

やすもと・ゆか●81年 奈良県生まれ。慶應義塾大学法学部を卒業後、化粧品会社広報、損害保険会社IT部門勤務を経てフリーランスへ。
2016年〜2020年1月 東京カレンダーWEBにて『二子玉川の妻たちは』『私、港区女子になれない』など多数の連載を執筆したのち、2020年10月講談社文庫より初書籍『不機嫌な婚活』を出版。よみタイで好評連載中の漫画『恋と友情のあいだで』(廉Ver.)の共著原作者。『不良夫婦』では(夫side)を執筆。

オフィシャルサイト●安本由佳
Instagram●yuka_yasumoto
Twitter●安本由佳|WEB作家@軽井沢

週間ランキング 今読まれているホットな記事