よみタイ

MB「新潟出身の服バカが年商1億以上を稼ぐまで~ 小学生でもわかるMBのビジネス成功論」
特別な技術や才能、学歴がなくても結果を出すことはできる……地方のショップスタッフからスタートし、今や年商1億以上をあげるまでにいたったMBの仕事術とは? 自身の経験から培った、結果を出すための「特別な思考と行動」について語るMB的ビジネス成功論。

MBの思考法 ~常に子供の頃の自分を思い出そう

25~30才くらいの頃、私はサラリーマンとして生きるのにすっかり疲れてしまっていました。

低賃金でやりたくもない仕事をひたすらやらされて……けれど起業して自分で会社を回していく程の自信もない。軋轢の中で私はひたすらに「自分の理想の生き方とは何だろう」と思考し悩み続けました。

その時にふと「“この思考”は本当に“自分の思考”なのだろうか」ということに疑問を覚えました。

今日は少し哲学的な話をお届けします。
私が若い頃にたどり着いた思考フローを一緒に辿ってみてください。
きっと日常にない発見があるはずですよ。

自分の思考は本当に主観的か?

お金が無いより有る方が幸せだ
30才になるまでに結婚した方がいい
出世して大きな家に住み、高い車に乗ることが素晴らしい

当時、短絡的にそう考えていた私ですが、考えれば考えるほどこれがある種の「洗脳」であることに気がつきます。
何故ならお金があろうと出世しようと大きな家に住もうと不幸な人は山ほどいるではありませんか。
「幸せ」とは主観的に感じるもののはずなのに、それをお金やお金を象徴する贅沢品など、客観的な指標で測ろうとすることにそもそもの矛盾があります。

だとするのならば、自分が求める「幸せの形」を追求することが人生において最も大事なことであると、私は認識しました。

そうして思考を進めていくと「幸せとは好きな時間で満たすことだ」と気がつきます。では私にとって「好きなこと」「好きな時間」とは何か?
それは私にとって「洋服に触れている時間」「格好いいと周りから思われたい」そんな風に考えられるわけですが……

……しかしここで冒頭の疑問が現れます。

「洋服が好き」……こう考えているのは、本当に私の思考なのだろうか……それとも生まれてから今までに染み付いてきた親の教育、友人知人など周りの影響、社会の刷り込みによって「そう思わされているだけ」なのだろうか……と。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

MB

エムビー●誰もが理解できる「オシャレの教科書KnowerMag」を運営。視覚効果や印象論などをベースにしたロジカルなファッション指南が好評を博す。「最速でおしゃれに見せる方法」「ほぼユニクロで男のおしゃれはうまくいく」などメンズファッション書籍の多数のベストセラー他、漫画「服を着るならこんなふうに」、ライトノベル「魔王は服の着方がわからない」などの原作監修も含め、関連書籍は累計100万部を突破。月額500円のメールマガジンは個人配信では日本1位を記録、月額5千円のオンラインサロン「MBラボ」も常に満員御礼状態に。自身のブランド「MB」発のオリジナルアイテム、フリークスストア、アダムエロペ、ステュディオス、しまむら、紳士服のAOKIといった大手ブランドとのコラボアイテムも爆発的な売上を記録している。
公式サイトhttp://www.neqwsnet-japan.info/

Twitter https://twitter.com/MBKnowerMag

週間ランキング 今読まれているホットな記事