よみタイ

高橋綾子「綾子のギョーカイ総受けグルメ手帖」
「綾子さんに聞けば間違いない!」――美味なレストランも気の利いた手土産もとびきりのお取り寄せも、おいしいものには死ぬほどうるさいギョーカイのみんなが頼りにするのが、フードパブリシスト高橋綾子のグルメ手帖。誰もがうなる美味の数々を惜しげもなく公開します!

思慮深く謙虚なシェフが送り出す絢爛たる美味に首ったけ〜ボッテガ〜

料理人さんっていろいろなタイプがいますが、大きく分けると
「俺の料理はおいしいよ」と
「おいしいかどうかはお客さまが決めること」
の2種類なのかと思います。

で、今回ご紹介する「ボッテガ」の笹川尚平シェフは完全に後者。
実はこんな素晴らしい経歴の持ち主だとは、この原稿を書くのにググって初めて知るという……、我ながら恐ろしい。

うっかりすると入り口を見落としてしまい迷子になる可能性あり!
うっかりすると入り口を見落としてしまい迷子になる可能性あり!

イタリアと日本のミシュラン星付き店で修業し、自らシェフとなれば自身が星を獲ってしまうという凄腕。
独立すればオープン後わずか10ヶ月で星に輝き、業界では話題騒然だったのに、どういうわけか私はそれを知らず、信頼している某編集長のお言葉だけで初訪問。
しかも“おいしい勘”が働き、敏腕ライターさんを2人も同伴させてしまったという……そういう意味では先入観なしでシェフの味のファンになったので、私の舌もまんざらでもないってことか。

美しすぎる「醸したメカジキと香草のカルパッチョ仕立て(2,200円)」
美しすぎる「醸したメカジキと香草のカルパッチョ仕立て(2,200円)」

修業もしたけれど“どこそこの料理”という決まったものがなく、経験と感覚で笹川さんの料理は作られています。

ボッテガ」はイタリア語で工房という意味。
ここで作られる料理はひとつひとつ丁寧に作られた味が積み重ねられているよう。それは笹川さんが毎日ひたすら努力して手にした宝物たちなのです。
その宝物のひとつが看板メニューである手打ちのパスタです。

淡々とした話し方には温かみと優しさ、そして知性があふれています
淡々とした話し方には温かみと優しさ、そして知性があふれています
1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

高橋綾子

たかはし・あやこ●フードパブリシスト。国内外ファッションブランドのプレス時代から培った〝食″へのこだわりは、舌の肥えた業界人も頼りにするレベルの高さ。年間1000を超えるという外食の日々が築き上げたおいしいもの好きが嵩じて、ついに2018年2月に東京・下北沢にてレストラン「üchï(うち)」をオープン。おいしいものしか喉を通らない不思議体質。
Facebook→https://www.facebook.com/ayako.takahashi.1671

uchi→http://uchi.tokyo/

週間ランキング 今読まれているホットな記事