よみタイ

高橋綾子「綾子のギョーカイ総受けグルメ手帖」
「綾子さんに聞けば間違いない!」――美味なレストランも気の利いた手土産もとびきりのお取り寄せも、おいしいものには死ぬほどうるさいギョーカイのみんなが頼りにするのが、フードパブリシスト高橋綾子のグルメ手帖。誰もがうなる美味の数々を惜しげもなく公開します!

味よし、ワインよし、雰囲気よし、で、まだ予約も取れるはず、の貴重なイタリアン〜アルモニコ〜

みなさまは“困った時の神頼み”的なお店ってありますか?

お料理がおいしくて、雰囲気が良くて、お値段もそこそこで、接客も良くて、予約も取れる。

例えば友人にそんなお店を紹介してって言われた時に、ちょっとご無沙汰していると状況がわからず躊躇してしまいますが、いつでも自信を持って教えられるのがここ「アルモニコ」です。

決して期待を裏切らないクオリティ、気取らずにいられる大人の空間、データ保存必至のお店ですよ。

外観は修業先だった世界一予約の取れない「オステリア・フランチェスカーナ」と同じなんですって
外観は修業先だった世界一予約の取れない「オステリア・フランチェスカーナ」と同じなんですって

ある日、5年間いた恵比寿から代官山に移転します、と佐々木泰広シェフから連絡をいただき、その日を首を長〜くして待っていました。
そして2018年7月にとっても素敵なお店ができあがったのです。

訪れてみるとカウンターに、テーブル席に、なんと個室まであることに高揚して「あの人と来るときはカウンター、あの人のバースデー祝いは個室かな」と妄想しっぱなし。あぁ、もう階段で4階までヒーヒー言いながら上らなくてもいいのね(恵比寿はエレベーターがなくて正直、辛かった)。
店内ではピッカピカの厨房で嬉しそうなササモニコ(私は佐々木シェフのことをこう呼ぶ)とスタッフが迎えてくれます。

やっぱりカウンターが好き! そしてカトラリーの長さや角度、大きさがとても使いやすいのです
やっぱりカウンターが好き! そしてカトラリーの長さや角度、大きさがとても使いやすいのです

一分の狂いもないセッティング、リラックスできる明るさ、そして視力2.5なの? って思わせるサービス。

だってテーブル席ってワインクーラーの位置にいるスタッフから一番遠いところにあるのに、呼ばなくてもグラスにワインがなくなるちょっと前に注ぎにきてくれるんですよ! 高級リストランテだってそれができないところもあるのに。

普段着に見えるけどオシャレだなって人いますよね。
ここはまさにそんな感じのお店です。

カプレーゼと同じ食材でこの絶品料理ができるとは!
カプレーゼと同じ食材でこの絶品料理ができるとは!

お料理は8,800円(税・サービス別)のコースのみ。

どのお料理も工夫を凝らしています。
例えば始めに出てくる「完熟トマトのジュレとモッツァレラチーズのムース」ですが、平たく言うと「カプレーゼ」なのです。
ところがササモニコはこれをカクテルグラスに入れてまったくの別モノにしてしまいました。

とろんとしたトマトのジュレはとっても甘くて、ミルクで溶いたモッツァレラチーズは生クリームと合わさって極上のなめらかさ。これが口の中で一緒にゆっくりと溶けていくのです。
こりゃ、たまらん。

バジルも香り高く、再構築と言えばその通りですが、そんな簡単な言葉で片付けられません。
ササモニコはあまり細かいことは言わないけれど、おそらくすご〜く手がかかっているに違いない。

1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

高橋綾子

たかはし・あやこ●フードパブリシスト。国内外ファッションブランドのプレス時代から培った〝食″へのこだわりは、舌の肥えた業界人も頼りにするレベルの高さ。年間1000を超えるという外食の日々が築き上げたおいしいもの好きが嵩じて、ついに2018年2月に東京・下北沢にてレストラン「üchï(うち)」をオープン。おいしいものしか喉を通らない不思議体質。
Facebook→https://www.facebook.com/ayako.takahashi.1671

uchi→http://uchi.tokyo/

週間ランキング 今読まれているホットな記事