よみタイ

大渕希郷「動物ふしぎ観察記」

カメの「冬眠からの永眠」に要注意! 意外と知らない冬眠の真実とリスク

世界初の「どうぶつ科学コミュニケーター」として、講演活動やフィールドワーク、執筆活動など幅広く活動中の大渕希郷さん(通称・ぶっちー)。
動物まみれのめまぐるしくも愉快な日常とは……!?  
生き物の知られざる生態についても、自筆のイラストとともに分かりやすく解説します。
動物の専門家によるお仕事&科学エッセイです。

前回は、動物の地震予知について解説しました。
今回は、寒波が襲った日に起きた「カメ救出騒動」と、冬眠のリスクについてのお話です。

寒波の日、カメ池が凍った!

私は自宅で、ヘビ17頭を筆頭に、トカゲやカメ、カエル、ウーパールーパー、サソリ、クワガタ、魚類などをそれぞれ多数飼育しています。

これらの動物を連れて、大学や専門学校の講義を行ったり、幼稚園で「移動動物園」を開催したり、企業がCSR活動の一環として主催するイベントに出演したりしています。
最近では、テレビ番組に自宅からのリモート収録で参加し、カメラに向かって動物を見せながらその生態についてお話させていただくような機会も増えました。

なお、飼育している動物の中には、保護・引き取り個体もいます。どんな生き物でも、最期まで責任を持って飼うことは大切で、そのような講話に同伴させることもあります。

動物について科学的な興味や知識を持ってもらうためには、やはり“本物”を観察してもらうのが一番。
ですから、自宅における動物の飼育活動も、「どうぶつ科学コミュニケーター」である私の重要な業務の一つです。

生き物の世話に休日はありませんが、今のような寒い時期は少し飼育業務が楽になります。
冬眠する動物が出てきて、餌やりや水替えなどの頻度が減るからです。

ところが先日、そんな私の油断をつくように、とんでもない騒動が起きたのです。

1月8日、全国的に記録的な寒波が襲い、私が住む神戸も最低気温がマイナスになりました。
朝、庭に出てみると……
池の表面が完全に凍っている!
うっすらどころじゃない……ようにみえる……!

凍っているのはニホンイシガメやクサガメを冬眠させている池です。

凍ったカメ池。よく見ると、氷の下にクサガメが2匹見える。(撮影/大渕希郷)
凍ったカメ池。よく見ると、氷の下にクサガメが2匹見える。(撮影/大渕希郷)

外気温によって体温が変化する変温動物のカメは、気温が下がると体温も下がり、体の機能が低下し、冬眠に入ります。

冬眠と一口に言っても、動物種によってその体の状態はさまざま。
うちで冬眠させているカメ類の場合、代謝が落ちているだけで、呼吸もしていますし、場合によっては、ゆっくりと動くこともあります。

ときどき勘違いされている方がいるのですが、冬眠中といえども、いくらでも寒い環境に耐えられるわけではありません
寒さで生物の体まで凍ってしまうと、一部例外の生物たちをのぞいて、生体内に氷のかけらができて、それによって細胞が破壊されていき、死に至ることもあります。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

大渕希郷

おおぶち・まさと●どうぶつ科学コミュニケーター
1982年神戸市生まれ。京都大学大学院博士課程動物学専攻、単位取得退学。その後、上野動物園・飼育展示スタッフ、日本科学未来館:科学コミュニケーター、京都大学野生動物研究センター・特定助教(日本モンキーセンター・学芸員 兼任)を経て、2018年1月に独立。生物にまつわる社会問題を科学分野と市民をつなげて解決に導く「どうぶつ科学コミュニケーター」として活動中。
夢は、今までにない科学的な動物園を造ること。特技はトカゲ釣り。
著書に『新ポケット版 学研の図鑑絶滅危機動物』『新ポケット版 学研の図鑑 爬虫類・両生類』(いずれも学研教育出版)、『絶滅危惧種 救出裁判ファイル』『動物進化ミステリーファイル』(いずれも実業之日本社)、『どうぶつ恋愛図鑑』『へんななまえのいきもの事典』(いずれも東京書店)など。最近は、「こども環境地球儀ハトホル」(渡辺教材教具)など教材開発にも関わる。愛称はぶっちー。
公式ホームページ: http://m-ohbuchi.com/

週間ランキング 今読まれているホットな記事