よみタイ

起業の常識が変わる!「そこそこ起業 異端の経営学者が教える競争せずに気楽に生きる方法」注目エピソード3選

いま大注目の経営学者・高橋勅徳さん初のエッセイ連載「そこそこ起業 異端の経営学者が教える競争せずに気楽に生きる方法」。
競争せず気楽に稼ぐ「そこそこ起業」を、多種多様な実例から解説しています。

今回は、過去12回の連載の中から、「これもそこそこ起業なの!?」と特に注目を集めた3つのエピソードを厳選。
エッセイ内の印象的な言葉や読者のコメントとあわせてご紹介します。

(構成/よみタイ編集部)

表現者として、やりたいことをやりつつ稼いでいく〜異色肌ギャルメイクでそこそこ起業〜

イラスト/德丸ゆう
イラスト/德丸ゆう

「​​異色肌ギャルメイクから考える、『そこそこ起業』が与えてくれる大切なもの」(10月17日配信)は、異色肌ギャルメイクで注目を集めるmiyakoさんの生き方から「そこそこ起業」を考えました。

グラビアモデルの仕事を経て、フリーのモデルとして「異色肌ギャル」をSNSで発表した2017年頃は、「これで稼げる」とは思っておらず、むしろ「好きなものを自分の体で表現」して、「共感をしてくれる人と繋がっていく」ことを求めていたというmiyakoさん。

 異色肌ギャルとしてバズったことで、その世界観に共感してくれるファンが増え、クリエイター支援プラットフォームであるFANTIAなどのオンライン上での活動が軌道に乗るようにもなりました。これらのプラットフォームは、クリエイターとファンが直接交流できる場であるだけでなく、金銭的な支援が得られる仕組みです。自分で仕事もファンもコントロールできるという状況は、「表現者」としてのmiyakoさんが一番求めていたものなのです。

こうしたmiyakoさんの生き方に触れ、高橋さんは「『そこそこ起業』が女性にレジリエンスを与えてくれる」と指摘します。「レジリエンス」とは近年注目される、自分自身が不利な状況に陥った際に対応できる能力(抵抗力・回復力)のことです。

 miyakoさんが「表現者」として第三の道を選べたのは、「自分を受け入れてくれるコミュニティ」を見つけて、そこから「表現者として、やりたいことをやりつつ稼いでいく」状況を作り上げていくことができたからです。いわば、自分が「好きなもの」を表現し、受け入れてくれるコミュニティを見つけたことが、miyakoさんにレジリエンスをもたらしたのです。

読者からは、「まさかギャルメイクが女性のレジリエンスにつながっていくとは。面白い」「好きなことを仕事にする方法が経済学の視点から学べた」といった声が寄せられています。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Facebookアカウント
  • よみタイX公式アカウント

週間ランキング 今読まれているホットな記事