よみタイ

鈴木光司、爪切男、川村エミコ…豪華執筆陣がそろい踏み! 多彩な新連載の読みどころ一挙紹介!

海の怪/鈴木光司

貞子の生みの親、鈴木光司さんが「よみタイ」執筆陣に登場!
ホラー界に金字塔を打ち立てた筆者が語る、海への畏怖と恐怖に彩られたエピソード。
世界を船で渡った男だからこそ知る、「海」の底知れぬ魅力とそこに秘められた無限の恐怖とは――。
すべて「実話」がもとになったエピソードです。

ビーチリゾートへのお出かけ前に読むのはおすすめできません……。

★写真クリックで連載初回ページへリンク
★写真クリックで連載初回ページへリンク

言葉のあとさき/酒井順子

ふだん何気なく口にしている、耳にしている「言葉」を通して社会や時代を見つめる日本語分析エッセイ。
著者は「30代以上・未婚・子ナシ」の女性を「負け犬」と称して社会現象を巻き起こした酒井順子さんです。

時代が変われば言葉も変わるもの。そして、言葉の影に必ずついてくるのはその時代の空気です。
近代史、古文に精通する酒井さんに導かれて言葉の変遷を辿れば、私たちの意識の変遷もおのずと見えてきます。

★写真クリックで連載初回ページへリンク
★写真クリックで連載初回ページへリンク

わたしもかわいく生まれたかったな/川村エミコ

私だって。いや、でも私なんて……。
クラスの“一軍女子”にはきっとわからない葛藤や逡巡。
お笑いコンビ「たんぽぽ」の川村エミコさんが、ちょっと生きづらく、でもどこかほっこりするような日々を綴る自伝的エッセイです。
毎回内容に合わせて描かれるかわいらしいイラストにも要注目! なんと川村さんの自作です。

★写真クリックで連載初回ページへリンク
★写真クリックで連載初回ページへリンク

クラスメイトの女子、全員好きでした/爪切男

最後は、人気急上昇中の旬な作家が贈るスクールエッセイです。

ロングセラー『死にたい夜にかぎって』のドラマ化が決定し、ますます注目を集める爪切男さん。
小学校から大学まで、教室で、体育館で、廊下で、校庭で出会った「女子」たちの面影を、ちょっぴりほろ苦く、ユーモラスに描きます。

★写真クリックで連載初回ページへリンク
★写真クリックで連載初回ページへリンク

* * *
よみもの新連載一挙ご紹介、いかがでしたか?
人生のよきスパイスとなるような、新たな作品との出会いをお届けできたでしょうか。
まずは第1回をぜひチェックして、今後の展開を楽しみにしていてくださいね!

1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

週間ランキング 今読まれているホットな記事