よみタイ

『ギャル即是空』~「色即是空」とは何か? 平成生まれの僧侶が「ギャル」で説明してみた〜

『ギャル即是空』~「色即是空」とは何か? 平成生まれの僧侶が「ギャル」で説明してみた〜

第4章 ニットのたとえ

 ニットの毛糸をすべてほどく……? 何をいきなり……!?
 なぜか少しドキドキしている自分がいた。
 そんな僕の浮ついた心は1ミリも気にかけず、ギャルは質問を続ける。

「このone spoのニットは毛糸とレースでできてんだけど、全部ほどいたら、この毛糸はニットなのかな〜?」

 何をいきなり、当たり前の質問をしてきたのか。僕は答える。

「いや、ニットじゃない」
「じゃあ、レースがニット?」
「いや、ニットじゃない」
「だったら、毛糸とレースを寄せ集めたものがニットなの?」
「いや、う〜ん、そういうわけでもない」
 「あげみざわなんだけど〜! ニットを成立させてたものは全部あんのに、ニットの形をしていないだけで、お兄さんはその構成物をニットと認識しないの〜?」

 ギャル語と組み合わせられた哲学的な問いに、思考回路はショート寸前だった。頭が痛い。

「いや、ニットってなんていうか、毛糸とかを使って、こう、『ニット的に』編んだもので……」
「ニットって何かを聞いてるのに、『ニット的』って、マジウケる(笑)。カニ食いながら『カニ的な味がする〜』って言ってるギャルと一緒じゃん」
「ああもう! 『ニット』ってのは、そういう毛糸とかレースが組み合わさったニット的な『状態』つーか、なんていうか……」

 ギャルは初めて「わが意を得たり」とでも言うように、「マジ卍~」と笑った。
 僕はそのとき初めて、目の前のギャルの身体が光に包まれていることに気づいた。

第5章 ギャルとは「状態」である

 後の話によれば、その日、渋谷には原因不明の嵐が吹き荒れていたという。
 ギャルは言う。

「つまり、『ニット』っていうのは、様々な物質が集まって、『ニット』という状態を保ってて、その状態が保たれている間は『ニット』だけど、ひとたびバラバラになったら『ニット』ではなくなるの。『ニット』とは『ニット』という物質があるように見えて、実は様々な物質が『ニット』という状態をつくっているだけなの。わかった〜?」

 わかったような気もするし、わからないような気もする。
 毛糸もレースも、ニットそのものではなく、ニットという状態に物体が保たれていたということである。

「で、ニットがどうしたんだっけ?」
「ギャルもニットと同じ。ギャルは、つけまつげとかエクステとか、様々な条件のもと、組み合わさってできた一つの『状態』であって。これがウチがギャルっていう『実体』はないって言ってた理由。だから、ウチのことギャルとかって勝手に決めつけて言わないでくれる?」
「ギャルは実体がないって、つまり、ギャルは存在しないということなの?」
「『無』というのも、一つの『状態』に過ぎないの〜。ギャルの条件が『0個ある』という状態と言えばお兄さんにもわかるかな〜。つまり、ギャルは『ある』とも言えるし『ない』とも言えるし『ありよりのなし』とも言えるし『なしよりのあり』とも言えるってこと〜」

1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Facebookアカウント
  • よみタイX公式アカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

稲田ズイキ

いなだ・ずいき●僧侶。1992年京都の月仲山称名寺生まれで現・副住職。同志社大学を卒業、同大学院法学研究科を中退、その後デジタルエージェンシー企業インフォバーンに入社。2018年に独立し、寺に定住せず煩悩タップリな企画をやる「煩悩クリエイター」として活動中。コラム連載など、文筆業のかたわら、お寺ミュージカル映画祭「テ・ラ・ランド」や失恋浄化バー「失恋供養」、煩悩浄化トークイベント「煩悩ナイト」などリアルイベントを企画しています。フリースタイルな僧侶たちWeb編集長。Twitter @andymizuki
過去の執筆・出演記事はこちら

週間ランキング 今読まれているホットな記事