よみタイ

商社マンとの格差恋愛、大学時代の同級生との不思議な関係…私たちの『恋と友情のあいだで』〜ファンをピュアキュンさせた名場面

人気漫画家・ふるかわしおり先生の連載『恋と友情のあいだで』のコミックスvol.1が7月15日に発売されました!
原作はグルメメディア「東京カレンダー」に連載していた同名の大ヒット小説。
タイトルどおり、恋と友情のあいだで運命に翻弄され続ける男女、里奈と廉それぞれの視点で描かれるヒューマンラブストーリーは、よみタイでも超人気の連載漫画です。

今回は、連載のコミックス化を記念して、「我こそは『恋と友情』ファン!」という女性たちに、特に印象的だった場面や胸キュンポイントを語っていただきました!
みなさん、自分の経験とストーリーを重ねて愛読しているようで、作品の感想だけでなくリアルの恋の思い出まで、たくさん語ってくださいました!

(構成・文/「よみタイ」編集部)

恋愛漫画で胸キュンする気持ちをもう一度思い出した

まずインタビューに応じてくださったのは、「もともと、しおり先生の作品の大ファン!」というカオリさん(30代)。

「中学の時から『別マ』(別冊マーガレット)を買っていて、社会人になってそろそろ少女漫画は卒業しようかなと思っていた時に、『ファイブ』が始まって、卒業どころかさらにハマってしまいました(笑)」

『恋と友情のあいだで』は、しおり先生のTwitterで連載の存在を知って、読み始めたそう。そのお目当ては……

「しおり先生の作品は、絵がキレイだから、とにかく男子がおしゃれでイケメン! デキる男なのに、ちょっとヤンチャな雰囲気もツボなんです。『恋と友情』の廉も、頭がいいけど真面目なだけじゃなくて、いつの間にか人が集まってくるようなムードメーカーの雰囲気がありますよね。『ファイブ』で私がドハマりした清水トシを彷彿ほうふつとさせる存在感で、初めて見た時から、あ〜いいわ〜〜と、恋に落ちました(笑)」

そんなカオリさんが廉にハマるきっかけとなったという、お気に入りの場面がこちら。

2話より(単行本『恋と友情のあいだでvol.1』より。©️ふるかわしおり/集英社)
2話より(単行本『恋と友情のあいだでvol.1』より。©️ふるかわしおり/集英社)

「就活を始めた里奈の肩をポンとたたく場面。つれない態度をとっていた里奈に対して、絶妙なタイミングで優しい言葉をかけてくれて、軽くボディタッチ! さすがですよね。これは絶対好きになっちゃいますよね!?  で、就活スーツを着こなすスラッとした後ろ姿とか、細長いのにふしはしっかりしている指とか、顔が見えなくてもイケメンだとわかる雰囲気もたまりません」

そういう「恋愛漫画にドキドキする気持ちを思い出させてくれたのも嬉しかった」と、カオリさん。

「子供の頃から今でも漫画は好きなんですけど、結婚して、仕事もしているうちに、昔、『りぼん』とか『別マ』で楽しみにしていたような恋愛漫画には、いつの間にかハマれなくなってしまって。付き合うとか結婚がゴールであることが多い少女漫画には、『いやいや、人生そこからが始まりだから』と冷静なツッコミをしてしまうし、かといって、主婦向けのレディースコミック……嫁姑とかママ友とのバトルを描いたようなものは、面白いから読んじゃうんですけど(笑)、胸キュンはしないので。

『恋と友情』はお互い気になっているのに、素直に距離を縮めることができない男女のすれ違いとか、女の嫉妬とか、王道の少女漫画的な要素がありつつ、甘いだけではない結婚生活のこととか、実在するお店が出たりとか、すごくリアリティもあるので、ピュアな心を忘れて疲れた(笑)社会人の私でも楽しめるのかな、と。恋愛漫画で、続きが気になって展開を空想したりしてしまうほどハマれたのは久々なので、本当に嬉しいです」

1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

週間ランキング 今読まれているホットな記事