よみタイ

推しにたくさん幸せをもらったから、推しにも幸せになってほしい ——森三中・黒沢かずこさんインタビュー

推しにたくさん幸せをもらったから、推しにも幸せになってほしい ——森三中・黒沢かずこさんインタビュー

今はファンにとっての「充電期間」

――東方神起の他に何かハマっているものはありますか?

ハマっているというほどでもないですが、最近は、あらためて芸人さんの漫才とかコントを見ています。実は今まで賞レースもあまりチェックしていなかったのですが、過去のM-1を見直したりとか。
あと、20年ぶりくらいにラジオも熱心に聞くようになりました。今、特に好きなのは、小藪さんと笑い飯さんの「土020」(MBSラジオ)です。他には東野幸治さんとかナイナイさんのラジオを聞いて、吉本の情報を入手しています。私のところには会社の情報が全然回ってこないので、芸人さんとかうちの会長(編集部注:吉本興業の大崎洋会長)が出ているラジオやヤフーニュースで、「あ、うちの会社って今こうなっているんだ」と情報収集しています。

――お笑いを改めて勉強中ということなんですね。現在は以前ほど推し活にのめりこんでいるわけではないのでしょうか。

冷めてしまったわけではなく、お休み中という感じです。コロナ禍でライブも行けなくなってしまいましたし、韓国にも行けませんから。
寂しい気持ちもありますが、ファンのみなさんにとっても、貯金をするいい機会ではないでしょうか(笑)。
大人になるとなかなか新しい友達ってできないものですが、私には東方神起を通して仲良くなった業界の友達が何人かいて、ライブなどに行けない今も、そういうファン友達と連絡を取り合ったりはしているんです。「韓国のネットにこういう情報が出ていたよ」とか。
活発な活動ができない今は、推し活の充電期間だと思っています。コロナとか、いろいろなことを乗り越えて、経験値を重ねた東方神起のユノとチャンミンのどんな姿が見られるのか……。さらに魅力的になったお二人を見るのが今からすごく楽しみなんです。

――何があっても見守り続けたい……ファンの鏡ですね!

東方神起には本当に助けられましたから。「ありがたい」という気持ちでいっぱいです。

『沼の中で不惑を迎えます。』連続書評
●第1回 推し活に300万円以上つぎ込むも「私は中途半端なオタク」 ——おかずクラブ・オカリナさんインタビュー
●第2回 推しにたくさん幸せをもらったから、推しにも幸せになってほしい ——森三中・黒沢かずこさんインタビュー
●第3回 だれがなんと言おうと、わたしたちのおしゃべりには価値がある——少年アヤさんが読む『沼の中で不惑を迎えます。』

人気連載が待望の単行本化!

人気連載『沼の中で不惑を迎えます。輝くな! アラフォーおっかけレズビアン!』が本になりました!

人生の半分以上、沼にはまり続けて20年。
アラフォー、独身、実家暮らしの漫画家・竹内佐千子さんが、輝かない日常を綴るコミックエッセイ。
不惑を迎えるはずの身にふりかかる、推しの結婚、お金や健康問題、親の介護や自身の老後への不安……。
オタクにも非オタにもあまりにも切実すぎる、全アラフォー必読の書です!

書籍の詳細はこちらから!

こちらで試し読み公開中です!

1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

黒沢かずこ

くろさわ・かずこ●お笑い芸人
1978年10月17日生まれ。茨城県ひたちなか市出身。女性お笑いトリオ・森三中のボケ担当。NSC東京校4期生。1998年、森三中結成。
趣味は曲作り、ベージュの肌着集め。

週間ランキング 今読まれているホットな記事