よみタイ

オギリマサホ「スポーツ界イケてる顔面図鑑」
広島カープを、プロ野球を、いやいやスポーツ界をこよなく愛するイラストレーター、オギリマサホ。その愛ゆえか、職業柄か、なんだか気になる、なんとも魅かれる、スポーツ選手たちの顔、顔、顔……見渡せばスポーツ界にはイケてる顔面が大豊作。愛すべきその面々、ちょっと斜め下から分析しちゃいます!

球界一ちょんまげの似合う男前、キャラメル王子・祖父江大輔への期待〜祖父江大輔(プロ野球選手)

そぶえ・だいすけ●1987年、愛知県名古屋市出身。愛知大学、トヨタ自動車を経て、2013年のNPBドラフト会議5巡目で指名され、中日ドラゴンズに投手として入団。現在にいたる。
野球選手としては小柄ながら、速球のストレートと縦に変化するスライダーを武器に、中継ぎ投手として活躍し、2018年は51試合、2019年は44試合に登板した。

イケメンとは、どういう顔のことを言うのだろうか。

そんなことを改めて考えてしまったのは、スカパー!が全国20~79歳のプロ野球ファン2000人に実施した「プロ野球に関する調査2020年版」の結果を見たからであった。
この中に「イケメン(かっこいい)と思うプロ野球選手」という質問項目があり、結果は、1位坂本勇人(巨人)、2位小林誠司(巨人)、3位柳田悠岐(ソフトバンク)となっている。我がカープからはベスト10に鈴木誠也1人(8位)しかランクインしていない、ということはさておいて、そもそも坂本と小林と柳田の顔は随分方向性が異なっているではないか。
こうなると「イケメン」投票と言いつつも「贔屓のチームの選手だ」とか「好成績を残している」とか、顔の造作以外の要素が影響していそうな気もする。

そもそも、スポーツに没頭する選手達の姿というのは、誰であってもかっこいいものである。
「イケメン」とはそうした「雰囲気的なかっこよさ」も含めた言葉だとするならば、「スポーツ界のイケメン」でカバーできる範囲はとてつもなく広くなる。

では、これを「男前」としてみるとどうか。
とたんに昭和の香りが漂い、カバーされる範囲も狭まるように思う。

スポーツ界においては、イケメンの定義は難しく広い
スポーツ界においては、イケメンの定義は難しく広い
1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント
オギリマサホ

1976年東京都出身。イラストレーターとしてシュールな人物画を中心に雑誌や書籍などで活躍。中学1年までは巨人ファンだったのが、中2のときに投手王国・広島カープに魅せられ、広島ファンに転向。そのカープ愛が炸裂するイラストエッセイ『斜め下からカープ論』を刊行。野球のみならず、広くスポーツ界を愛している。
Twitter@ogirim

週間ランキング 今読まれているホットな記事