よみタイ

MBの人生もファッションも変わる親切すぎるお悩み相談部屋
つねづね、人生はファッションで変わる、好きを仕事にして成功することは夢じゃないと明言しているMBさん。
だけど、仕事、恋愛、家庭、人間関係……悩みなんていつの時代も尽きないもの。
常に頭の片隅を離れなくて、どんよりプレッシャーになって、なんだか毎日楽しくない……。
他の人にとってはたいした悩みじゃないかもしれないけれど自分にとっては深刻なことで、そして誰にも相談できない……。
そんなお悩みの数々にMBさんが、文章と動画、「MB」のすべてを使ってお答えします!

幸せで結果のだせる将来に進めるよう、自分の思考力を鍛えたい!〜MBお悩み相談その10

一浪してまで入った大学の専門分野への興味が薄れ、他の分野に心惹かれて、そちらの勉強も始めたyoshuさん。
将来的に収入の柱は2〜3本は確保したいと思っていて、日々その実現に向けて考える時間をとっているそうです。
でも、果たしてそうやって考えている時間は一体何をすればいいのか? 自分の今の思考で合っているのか?
もっともっと「思考」の力を鍛えたい、その方法を知りたい、と悩むyoshuさんです。

理想の将来のために日々考えています。その考え方を鍛えるのにはどのような方法があるのでしょうか


MBさん。いつも動画を拝見させていただいております。
私は今年22歳になる大学3年の男です。

学年と年齢から察していただけるかわかりませんが、大学には1年遅れて合格しました。
私の通っている大学は旧帝国大学と呼ばれるところであり、専門としている分野も医療関係(放射線)なので、今、学んでいることに誇りを持っています。
しかしながら、最近は自分の専門としている分野への興味が薄れ、ITやプログラミングといった分野にとても興味を感じています。でも、せっかく浪人してまで入学した大学ですし、現在学んでいる専門分野への興味もガックリと落ちたわけではないため、悩んでいます。

ただ悩むだけというのは嫌なので、知り合いのエンジニアの人にプログラミングの勉強の仕方を教えてもらい、すでにプログラミングの勉強は始めています。将来的に収入の柱は2〜3本は獲得しておきたいと思うので、少なくともその中の1本はリモートで働けるものをと考えています。そのため、興味の湧いた分野に関しては自分の理想を満たし、学ぶことへの意欲も当然あります。

ここで今回の相談なのですが、

①現段階でもともと専門としていることが満足にできているわけでもないのに、新しいことに挑戦することをMBさんはどう考えられるか。
②MBさんのおっしゃっている「毎日1時間将来について考える」とは、実際にどのようなことを考えて過ごせばいいのか。

についてです。

②についてですが、結局自分の将来を決めるのは自分で、そのためにどう行動し、結果を出すのかは考えることから始まると私も思います。
ただ、実際にその時間をもとうとしているのですが、何を考えればいいのかわからずに時間だけがすぎてしまいます。今は、夜に時間を設けてその日1日を振り返り、それを紙に書き起こし、それを反省として翌日の予定を立てる、ということをしています。
果たしてこれが将来を考えることに繋がるのか、また考え方を鍛えるのにはどのような方法を行えばいいのかを教えていただきたいのです。

特に、MBさんのおっしゃる”差別化思考”と”本質的思考”について教えていただきたいです。
私は勝手に、0から1を生み出すのが”差別化思考”と”本質的思考”であり、1を10にふくらませ説明するのが”論理的思考だと考えています。そのため、大学での発表や、患者さんとの関わりの中で鍛えられていく”論理的思考”に関しては、さほど不安に感じてはいません。

しかし、0から1を生み出すような思考に関しては普段の生活から簡単に鍛えられるものだとは思えません。したがって、思考の鍛え方について、特に上記の2点について回答をお願いしたいです。
ご回答いただけると幸いです。


(yoshu)

1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

MB

エムビー●誰もが理解できる「オシャレの教科書KnowerMag」を運営。視覚効果や印象論などをベースにしたロジカルなファッション指南が好評を博す。「最速でおしゃれに見せる方法」「ほぼユニクロで男のおしゃれはうまくいく」などメンズファッション書籍の多数のベストセラー他、漫画「服を着るならこんなふうに」の監修含め、関連書籍は累計100万部を突破。月額500円のメールマガジンは個人配信では日本1位を記録、月額5千円のオンラインサロン「MBラボ」も常に満員御礼状態に。自身のブランド「MB」発のオリジナルアイテム、大手ブランドとのコラボアイテムも爆発的な売上を記録している。
よみタイ連載をまとめたビジネス書「もっと幸せに働こう」は紙版・電子版ともに多くの支持を集めている。

公式サイトhttp://www.neqwsnet-japan.info/

Twitter https://twitter.com/MBKnowerMag

公式YouTube MBチャンネル

週間ランキング 今読まれているホットな記事