よみタイ

金内柊真「負けの烙印だけは押されたくない~新世代の逆襲」
「ゆとりだからとか若いからとか、そんな通り一遍な理由で負けの烙印だけは押されたくない」――有名になりたいと公言し、夢を叶えるためにがむしゃらに突き進む22歳・美容師・金内柊真。世代を超えて届けたい、熱すぎるメッセージがここに。

「友達が少なくてさみしい」と嘆く人へ~本当の友達ってどんなものですか?

友達が少なくてさみしい、って何なんですかね。
その感覚が、僕には本当にわからないですね……。

友達の数って、“友情”を考えるうえで何か関係ありますか?
まるっきりゼロだとそれはさみしいかもしれないですよ。

でも、何でも話せる友達が少しでもいれば、「さみしい」なんて思わなくないですか?

一緒に食事をできる人が“今”いないからさみしい?

「友達が少なくてさみしい」って言ってるときって、つまりはご飯を食べる相手やLINEをする相手がつかまらないことがさみしいんだと思うんですよね。

数が少ないとその分、数がうてないから、その時空いている人が見つからない。
だから、“誰かといたいのに一人でいる今”をさみしいと感じる。
そういう人たちにとっては、友達=食事する相手ってことなんでしょうか。
僕は一緒に食事をしたくらいでは「友達だ!」とはとてもじゃないですけど思えないんですよね……。

「そんなこと言っても、友達めちゃくちゃいるんでしょう!」
確かに友達が多そうだとはよく言われます…。
でも、顔見知りや知り合いはたくさんいるかもしれないですけど、僕の中で本当に友達と呼べるのは少数です。

僕にとっての友達の定義は……月並みですけど、何でも話せる相手。
何でも話せる友達が、そんなにたくさんいても面倒じゃないですか?(笑)
たくさんは、必要ないです。狭く、深くがモットーです。

友達なんて無理に作るものでもないので、自然と何でも話せるようになった相手だけでいい。
そういう人にだけ自分の気持ちを向けたい。
あえて増やそうと思わないから、友達は全然増えないですね。
それでいいんじゃないかなーと思ってますけどね。

1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

金内柊真

かねうち・とうま●1996年大阪府出身。東京総合美容専門学校卒業後、
2017年よりヘアサロン「ALBUM」に入社し、現在は新宿店勤務。Twitterから発信する熱いつぶやきが多くの共感を集め、2018年8月に初の著書「才能が無ければその分努力すればいい」を刊行。2018年10月現在、Twitterでは約13万、Instagramでも約8万のフォロワーを持つ。

Twitter●https://twitter.com/Kaneuchi_Toma
Instagram●https://www.instagram.com/Kaneuchi_Toma/

週間ランキング 今読まれているホットな記事