よみタイ

金内柊真「負けの烙印だけは押されたくない~新世代の逆襲」
「ゆとりだからとか若いからとか、そんな通り一遍な理由で負けの烙印だけは押されたくない」――有名になりたいと公言し、夢を叶えるためにがむしゃらに突き進む22歳・美容師・金内柊真。世代を超えて届けたい、熱すぎるメッセージがここに。

頑張ってるアピールができるのは、本当に頑張った証拠――仕事のストレスのなくし方

仕事に生きる! と決めて頑張っていても、正直しんどいなーと思うこともあります。

今まで夢に向かって頑張るというお話をたくさんして、「どんなに忙しくても平気です!」と言っていたけれど、ふとしたときに僕だって「俺より休んでる人、世の中にいっぱいいるなあ」って思っちゃうこともあります(笑)。

でも、そういうときこそ、意識的に自分より大変な人と比べるようにしています。

僕は、根が怠け者なんです。
自分より楽な人と自分を比べると、つい怠ける言い訳を見つけてしまう。
だから、あえて自分と大変な人とを比べて、少しでも怠けられない状況を作っています。

本当に勤勉な人は、そんなことしなくても努力できている。
心では憧れますが、自分には出来ないことはわかっている。
だからそういう人に少しでも追いつくために、自分を律する環境を作らなければいけないんです。

疲れたときは太陽の光とお風呂

定番すぎる話ですが、休みの日には昼から外に出かけるようにしています。

美容師ってずっと室内にいる仕事だから、出勤以外で太陽の光に当たれることって休日しかないんですよね。サラリーマンの方が「昼からビール!」と飲んでいるみたいに、「昼から外にいる!」と非日常感でリフレッシュしています。

あとは、お風呂。
体の調子が悪いときは、だいたい自律神経が乱れていると感じるので、意識的に湯船につかります。休みの日は、昼間からお風呂に入っていることもありますね。湯船につかってスマホを触っているときが至福のひとときです。
自分の好きなゲームをプレイして、TwitterとInstagramを見て、ニュースサイトを巡回して……と好きなことだけをやります。

このふたつだけで、だいぶ回復するんですよね。

休みに重きを置いてないから、仕事の体感時間が短い

僕ね、遠足の前日は眠れない子供だったんですよ(笑)。

先に楽しみがあると、それまでワクワクしすぎて落ち着かなくなるタイプ。
だからもし、「休みの日を楽しむために仕事をがんばるぞ!」と思ってしまうと、「まだかな? まだかな?」って待つモードになってしまいますね(笑)。

仕事をしている時間=楽しみ待ちの時間になってしまうと、仕事中にストレスが溜まりますよね。
「あと2時間かあ」なんて思うと、その時間が経つのが遅く感じてしまう。「あと5連勤しなきゃ休みが来ない〜」って思っていたら、その5日間はめちゃくちゃ長く感じます(笑)。

それなら、目の前の仕事に集中したほうが、時間が経つのが早い。
しかも今後のためになる。いいことずくめじゃないですか。

休みの日が楽しみっていう気持ちがなくはないですが、そう思わないほうがよりストレスが減るんです。

「今週末は娘の誕生日だから頑張ろう」みたいな働き方も、すごく素敵だと思うんですけどね。
僕はその楽しみが待ちきれなくてだめになっちゃうタイプだから、難しいんです。
僕と同じタイプの人は、目の前の仕事の楽しさを見つけて、集中することをおすすめします。

最終手段は人に評価してもらうこと!

ベッドに入ったときに「今日めっちゃ働いたな、俺!!」って思えると、気持ちよく眠りにつけます。いつも寝るときは「頑張った頑張った! お休み!」みたいなテンションです(笑)。

それでも足りないときは、友達に評価してもらったりもします(笑)。
「俺、今日こんなに働いたんやで!」って。

こういうアピールってあまりよくないと言われていますが、それが出来る相手にならOKだと思うんですよね。僕だって誰にでもやるわけではないですよ? 
ちゃんと、自分も相手のことを大切にしていると思える相手にだけでかつ、たまになら、です。
自分の頑張りを認めてもらうと、「やっぱり俺、周りから見ても頑張ってるんやな」って実感できますよね。その実感があれば、もっと頑張れる。

誰かに評価してもらうことは、モチベーションを維持する上で必要なことなんです。
それにだれかにアピールしてもいいと思えるほど、一生懸命働いたからこそできることでもある。
胸を張って、人に「俺こんなに頑張ってるんだぜ」って言えるのは、頑張った証拠なんですよ。
たまにであれば、こういう頼り方もアリだと思ってます。

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

金内柊真

かねうち・とうま●1996年大阪府出身。東京総合美容専門学校卒業後、
2017年よりヘアサロン「ALBUM」に入社し、現在は新宿店勤務。Twitterから発信する熱いつぶやきが多くの共感を集め、2018年8月に初の著書「才能が無ければその分努力すればいい」を刊行。2018年10月現在、Twitterでは約13万、Instagramでも約8万のフォロワーを持つ。

Twitter●https://twitter.com/Kaneuchi_Toma
Instagram●https://www.instagram.com/Kaneuchi_Toma/

週間ランキング 今読まれているホットな記事