よみタイ

小野一光「限界風俗嬢」

「初めて」の相手はお客さん……SM嬢が処女を捨てた日

稼げなくなる恐怖

「うーん、やっぱ二十三、四って歳を重ねてくるにつれて、そのうち稼げなくなるんだろうなあ~、みたいな恐怖が……」
 カオルは「そのうち稼げなくなるんだろうなあ~」と口にするとき、恐怖を実感していることを伝えるように、怯えたような震える声色を使った。
「だから、慣らさないといけないって考えたわけ?」
「そうですね。普通の生活に戻らなきゃな、って思って……あと、SMがキツイってのもあったし」
「やっぱりキツかった?」
 彼女は黙って頷く。私は訊く。
「あと、シホさんとのこととかも理由としてあったりした?」
「まあ、そうですねえ。互いに、そろそろ辞めた方がいいよねえ、とかとは話しました。シホさんも私と同じだった前の会社を、私が辞めた二カ月後に辞めて、それから去年の十一月くらいに再就職して……。私の勤務先と同じくらいの規模の、電気工事をやる会社で事務をやってますね」
「あの、まだ付き合いは続いてるんだよね?」
「はい。続いてます」
「最近はどういう付き合い方なのかな?」
「職場は彼女も同じ××(地名)にあるんで、朝とか夜も会えたら会って、一緒に帰るっていうか……」
 シホさんの職場があるのは、カオルの会社と同じ駅とのこと。カオルが母と暮らす自宅と、シホさんのひとり暮らしの部屋は、ここからはそう遠くない地域にあり、両者の間は二駅の距離だという。

露出や派手さのない服装を選ぶカオル。撮影/小野一光
露出や派手さのない服装を選ぶカオル。撮影/小野一光

「大学時代から交際が続いてるけど、なにか変わってきたことってある?」
「そうですねえ、彼女と付き合って、男の子とは付き合えないなって思っちゃいましたね。話してても、やっぱ彼女の方が話が合うし、一緒にいて楽しいし……」
「向こうの部屋にはどれくらいの割合で行ってるの?」
「最近は全然行ってないですねえ。そういえば三カ月くらい行ってない。なんか毎日のように会ってるんで……。それ以外に遊ぶとしたら土日とかになるんですけど、彼女って吹奏楽をやってて、演奏会の前とかは練習が夜遅くまであるんで、泊まりに行けないんです」

 ここで私はカオルに対して、「シホさんの顔を知らないから、なんかイメージが湧かないんだけど、写真とか持ってない?」と切り出した。すぐにスマホをスクロールする彼女。「こんな感じです」とカオルが見せてくれたのは、彼女と背丈が同じくらいの、黒髪ショートでセルフレームの眼鏡をかけた内気そうな女の子だ。化粧っ気もほとんどなく、その点ではカオルと同じ雰囲気を持っている。
「ところで、泊まりがないってことは、会ってはいるけど、セックスは少ないってこと?」
「ハハハ、学生のときはけっこうしてたんですけど、互いに働き始めるとなかなかタイミングが合わないというか、それで今日イケるんじゃないみたいな日に限って生理、みたいな……やっぱどっちも女性なんで」
「期間が長くなると、精神的なこととか、セックスの内容とかに変化はあったりする?」
「いやあ、そこはお互いに好奇心が旺盛なんで……」
「オモチャを試したりとか?」
「使いますね。誘うときって、だいたい私がして欲しいときなんで、私が攻めてもらってますね。私が攻めたいなってときは、ペニバンを使って向こうに入れたり……」
 ペニバンはペニスバンドの略。それは互いに使用するのかと尋ねると、彼女は首を横に振った。
「私自身は挿入があまり好きじゃないんで、自分に入れてもらうことは少ないですね」
 それを聞いた私は、そういえばカオルを以前取材したのは、彼女が“処女風俗嬢”だったからだということを思い出す。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

小野一光

おの・いっこう●1966年、福岡県北九州市生まれ。雑誌編集者、雑誌記者を経てフリーに。「戦場から風俗まで」をテーマに、国際紛争、殺人事件、風俗嬢インタビューなどを中心とした取材を行う。
著書に『灼熱のイラク戦場日記』『風俗ライター、戦場へ行く』『新版 家族喰い——尼崎連続変死事件の真相』『震災風俗嬢』『全告白 後妻業の女』『人殺しの論理』『連続殺人犯』などがある。

週間ランキング 今読まれているホットな記事